あるCDが見つかりました!
最近、あれこれとCDを引っ張り出しまして…

iPod touchにどっさりと入れ込みました。(って 自分では出来兼ねるので、人に頼みましたf^_^;)

その中に、忘れかけていた一枚を発見。

だいぶ前にレコーディングしたもの…

それも 『唄』です!!

当時、作曲家・音楽プロデューサーの 喜多嶋修さんと少し繋がりがありまして、
母(ミカド天風/江戸小歌 市若←市丸先生から頂いた名前です。市丸先生の流派は『歌』の字を遣います。端唄・小唄・俗曲… 広い意味で捉らえる事の「うた」です。)共々、
喜多嶋さんのCDに、はやしことばや 声?ボイスで参加しておりました。

そんな中、
「民謡でもなく、端唄でもなく、ド演歌でないような唄い方で… 」
と依頼のあったのは、神楽坂はん子さんの楽曲のカバー。
2曲♪

結局 私が唄うことになったのでありました(.. )

と言うか…
母が唄ったら、ご本人様よりも 上手になってしまうでしょうし 色っぽくなってしまうでしょうし… とココだけの話です…。
神楽坂はん子さんファンの方、ごめんなさい<(__)>


レコーディング当日には、伴奏は出来上がっていて、原曲とは全く違うアレンジ♪

コーラスに至っては、黒人の男性です。
コレがなかなか良い^^

自分がどんなふうに唄ってよいのやら 何がなんだかわからないまま…

しかし、喜多嶋さんと母からは、
「いいね~^^」の お声。


喜多嶋さんは、海外で生活していらっしゃいますが、日本をとても愛している方。

端唄な世界、日本のことば、邦楽器、着物 などなど…、
とってもお好きでいらっしゃる^^

喜多嶋さんは本気で売り出したいご様子でしたが、
作曲の古賀政男先生関係の いろいろがあったようで…。

結局は お蔵になりました(.. )

当時は、出来上がった自分の唄声を聴くのが なんだかイヤでイヤで仕方なくて…、
あれっきり聴いていなかったのです。

がしかし、今になって聴いてみましたら…

なぁ~んかいいんじゃないのぉ^^?
と思えるようになっていました。

端唄は母からお稽古を受けておりましたけれど…、

色っぽいことが唄われている歌詞を 当時は理解し切れていないで唄っていたのでしょうけれど…

20代後半にして、よくまぁこの唄を唄ったなf^_^;と…!

ことばを理解しているかのような 唄い方。

嫌味なく すんなりとやっているトコロに 自分で笑ってしまいましたー(≧~≦)!

今となれば、世に出なかったこのCDのことを いとおしく思うようになりましたょ(´▽`)

それだけワタクシも 年齢を重ねた と言うことでしょうかねf^_^;

いつか 日の目を見る時があったら おもしろいだろうなぁ~(*^▽^*)/

スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2012/09/15 01:42 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<下浚いでした。 | ホーム | 久しぶりに…^^>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/971-b0517a48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |