ライヴのことも…♪


 
玄松院に到着した夜、
翌朝6時の鐘をつきに行こう なんてうめ吉さんと話していましたが…
 
そんな早起きしなくても、『起きた時が朝』でいいのよ。
 
の言葉に、すっかり甘えてしまっていたのでしょうか…
 
なんとも寝心地がよく、
結局起き上がったのは、11時!
もうすぐお昼な時間(-.-;)
 
驚きました~…(-.-;)
 
 
翌日からは、5時30分に目が覚め、
でも体は布団の中…
 
そして、6時の鐘を聞く……
 
こんなんではいけないのでしょうけれども、ふわふわと心地好い時間でした…(´▽`)
 
 
さてさて、『玄松院 百燈籠』でのライヴ♪
 
お寺、墓地にまで、燈籠が飾られました。
数にして 500と聞いております…o(゜◇゜)o…
 
幻想的な光景でした。
 
まずは、地元の踊りのグループ『若葉会』の皆さんのお時間。
相馬盆唄など 私も踊りたくなりましたよ~^^
 
しっかりと盛り上げて頂きまして…
 
うめ吉さんとのライヴ♪♪
東北のお客様には、何か違うあたたかさを感じます。
なんだろうなぁ… 観ていて下さる表情があたたかいのかな(´▽`)
 
一部、そして休憩を挟んで 二部へ…。
 
玄松院さんとの繋がりをお含み下さり、
二部の始めに 私の時間を持たせて頂きました。
 
篠笛のソロ、何が良いかな…と考え、
ここは民謡の宝庫、宮城県。
ご当地の民謡を思い浮かべて…、
笛で吹くのは初めてだったのですが、
「宮城長持唄」にいたしました。
長持唄はお嫁入りの唄。
 
そんなことを始まる前にうめ吉さんと話していたら、
「おばあちゃんは、宮城県にお嫁に来たんですものね。」と…。
 
地元の方々の前で、生まれも育ちも関東の私が演奏するのは 少々どきどきいたしましたが、
「宮城長持唄を…♪」と言いましたら、お客様の わぁ~っという拍手。
 
しーん と聴いて下さり、終わったあとにもたくさんの拍手を下さいました…、
私のほうが感動でした。
 
最後には『九州炭坑節』を、会場の皆さん、若葉会の皆さんと踊りましたよ^^
 
ライヴが終わってから、
集合してくれた親戚たちと 一枚^^
 
 
前日にわかったことなのに、観に来てくれて、どうもありがとう(*^▽^*)
 
県内とは言え、1時間以上かけて駆け付けてくれました。
嬉しかったですねぇ…。
おばあちゃんがみんなを呼んでくれたんだろうなぁ…。
 
美味しい差し入れもありがとうございました。
 
打ち上げでは、遅い時間にはさすがに近い人たちだけになり、
楽器も部屋に片付けていなかったので席を立つと…
 
「まだ笛を持ち帰らないでっ。」
と、マスターからのリクエストを頂きまして、打ち上げでも吹かせて頂くことに…(^-^)♪
 
やはり宮城県の民謡を。
「『さんさ時雨』はご存知ですか?」の問いに、
そりゃもぅ^^ な お応え。
 
吹き終わったら、涙されている女性陣が…。
「さんさ時雨がこんなにいいものだったなんて…、
宮城県の人間でよかった~…。」
と おっしゃっていました(:_;)
 
笛で何かが伝わり、感じて頂けたこと…
こちらが感動いたしました。
続けてきてよかったなぁ と思いましたよぉ…(´▽`)
 
笛って素敵な楽器だなぁ…と つくづく…。
もっともっと精進したいと思いました。
 
音楽って 本当に素晴らしいものですね。.*・゜・*.。.*・゜・
 
 
あ。
6月の、白石市のカフェ ミルトンでのライヴで、
東京からいらしたお客様の傘を 他のお客様が間違えて持ち帰ってしまった一件がありました…、
 
 
 
 
その傘が出てきました!
 
玄松院のご近所の方が 間違えてお持ち帰りしていたんですって…。
 
その後、無事に東京の持ち主さんの元に戻りました。
なんでも、お気に入りの傘だったそうです。
 
こちらも、少しミラクルなお話でしたよ…(゜▽゜)
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2012/08/30 00:26 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<自然のめぐみ。 | ホーム | オフ日のこと。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/961-4dd6bb1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |