アンビリーバボー級な、みちのくの旅でした。
かなりかなり長くなってしまいましたが、
先週の宮城県で体験したアンビリーバボーな出来事を、行きさつから綴りました。。

長文ですが、読んでいただけたら有り難いです…<(__)>
一生懸命 書き上げましたもので(;´・`)


去年の夏、宮城県白石市にある「カフェ ミルトン」にて、うめ吉さんのライヴにご一緒いたしました。

ミルトンマスターとママの あったかいお人柄が印象深かったです…(´▽`)

そして今年の6月にもお声かけて頂きまして、また、うめ吉さんとミルトンに行かせて頂きました♪

その時には、マスターのお兄さまがいらしていて…、
お兄さまは お寺の副住職さん。

ライヴ終了後の懇親会で、
「8月にうちのお寺でやってほしい。」とのお話になりまして^^

それが実現して この度のみちのくの旅になったのでありました。

15日に栗駒でライヴ。
16日はオフ日。
17日にお寺でライヴ。

「かなぷー、(…と うめ吉さんは私のことを呼ぶ。)、
オフ日があるから、宮城県にもし親戚がいるのなら連絡してみます?」
と うめ吉さん。

「旦那さんのお母さん方の親戚はいるけど…、
私 地理に詳しくなくて、近いかどうかわからないから…、
まぁ 今回はいいですかね~。」
なんて話をしながら栗駒に向かいました。

栗駒にて夕刻から野外ライヴ♪
終わってからは、宮城県遠田郡美里町の『玄松院』さんに向かいました。

滞在中は こちらでお世話になることになっておりまして、
宿泊と…、 ミルトンご夫婦のお料理も頂けるみたい…とのこと!
とても楽しみでした^^

到着すると、まさかのウェルカムパーティ(*^▽^*)
玄松院さんの持つ畑で採れたお野菜、
マスターとママのお料理、
おいしいお酒も…^^
頂きましたよ~(^O^)/


そして翌日の午前中。
ライヴ会場となるお堂に案内して頂きました…、

お堂の写真を撮って、
「明日の晩、こんな所で演るよ♪」
と、 旦那さんにメールをしました…、
普段 こんなことしないんですけど、なんとなくしてしまったのですが。

すると、
「そこ、おばあちゃんのお墓があるとこだよ!!」
との電話がきました…!

(「おばあちゃん」とは旦那さんのおばあちゃんのことです。)

おばあちゃんの家(今は他の方が住んでいます。)は、玄松院から近所らしく…、

ということは、この辺りは旦那さんのお母さん、イコール義理の母、
つまりお姑さんのふるさとだったんです。

ご住職、マスターのお兄さまである 副住職、そこにいたみんなで そりゃもぅ驚いて大騒ぎ!!

この辺りは町名が変わっているらしく、
私は、小牛田(こごた)という町の名前は聞いておりましたが、美里町は初めて聞いた名前でした。
なので、全然ピンとこなかったのです(*_*)

ご住職(副住職・ミルトンマスターご兄弟のお父上。)は、おばあちゃんのことを詳しくご存知でしたよ。


実は近年、不幸が続いておりました…

昨年の1月に、義母が亡くなり…、
その半年後にはおばあちゃん(義母のお母さん。)が亡くなり…、
今年の4月には、義父が亡くなりました。

おばあちゃんが亡くなった時、義父と息子が入院中だった為、私は身動き取れず…。
旦那さんと娘が葬儀に行き、私と息子は参列できませんでした。

そして、おばあちゃんの一周忌となった今年の7月には、一年前から決まっていた娘のピアノ発表会が重なってしまい、
また、その翌日から私は地方への仕事が入っており…、
私と娘は出席できず。

ということは…
ちょうど一ヶ月前の一周忌で、旦那さんと息子が行ったお寺さんというのは、
こちら『玄松院』だった、ってコト!

旦那さんにおいては、子供の頃はよく田舎に遊びに来ていて、この辺りは遊び尽くしていた場所です。


私は、おばちゃんが亡くなる数日前にお見舞いに行った時に会ったのが最後でして…、

おばあちゃんが亡くなった後は、家族の中で私だけ出席できないでおりました。


そして思い起こしてみれば、実は…、
私がこちら『玄松院』に来たのは初めてではなかった、ということになります。

結婚して間もなく、15年くらい前でしょうか…、
旦那さんの従兄弟の結婚式で宮城県に行く機会があり、
ここでおじいちゃんのお墓参りをしているのです。
(おじいちゃんは、結婚する前に亡くなっていたので、私は会ったことがなかったのです。)

「一度お寺に行っているのに、覚えてなかったの?」
と 言われそうですが…、

まぁなんせ、親戚がすごく多い一族でして…(´Д`)
今回のライヴでは、義母の従兄弟の息子(はとこ かな?)って人に、(多分)お初にお目にかかりましたよ。
この辺りの総代さんですって!

結婚間もなくでは、誰が誰だかわからず、顔や名前、関係までは、とてもとても覚えきれません!
もぅ いっぱいいっぱいで、行った場所のことまで ほとんど記憶にありませんでした。

ただ、何となく…。
玄松院に泊まらせて頂いた部屋から墓地が見えたのですが、
お墓の並ぶ全体の雰囲気が、
「似ているなぁ…」と思っていたのは確かです。

あと、
「あれから、なんで田舎に行ってなかったの?」とも言われそうですが…、

私が結婚して暫くすると、おばあちゃんは田舎を出て生活の場所を替え、
うちからすぐそばにある旦那さんの実家と 義母のお姉さんがいる埼玉とを…、定期的に行き来していた訳です。


おばあちゃんが亡くなってから、葬儀にも一周忌にも行けなかった私でしたが…、

思いがけず、お墓参りをすることができましたヽ(´▽^)/

一周忌の時、地方への仕事(下関、赤間神宮の耳なし芳一まつり)は、うめ吉さんと一緒。
そして今回も うめ吉さんと一緒。

これはもぅ、おばあちゃんがココに呼んでくれたんだな…、と思いました(´▽`)
「かなちゃん忙しくしているから、仕事に結び付けて来させちゃえ^^」みたいな ね(o^-')b

息子が生まれた時には、昔ながらの知恵を教えてくれたり…、
産後の身体を気にかけてくれたり…、
ホントに優しいおばあちゃんでした。

おばあちゃん、なかなか来ることが出来なくて、本当にごめんなさい<(__)>


義母は亡くなる前に、「田舎に行きたいなぁ…。」と言っており、
義父は、おばあちゃんの一周忌で田舎に行くことを楽しみにしていて、
「元気になってみんなで旅行に行こう!」
と言っていたものの、残念なことにその前に…。

ものすごく仲良しの義父母だったので、お盆ですし、二人で玄松院に来ていたのではないかしらf^_^;
なんて思いましたねぇ^^


私が玄松院に来ている、という情報を聞き、
宮城県に住んでいる親戚・従兄弟たちが連絡を取り合い、
17日のライヴに集合してくれたんですよ~(*^▽^*)

従兄弟のうち一人に、今 千葉に住んでいる人がいるのですが、
「夏休みが明日からだから、今晩から帰省するんだよ。
明日観に行くね~!
これって偶然なの? それとも選んでそこに行ったの?
鳥肌立つ~(゜▽゜)!」
と電話をくれました。

普段忙しい、こんな彼のスケジュールも 単なる偶然とは片付け難いように思いました……

身内のようにお寺さんのお手伝いをしている 近所のおばちゃん(檀家さん)がいて、その方とも仲良くさせて頂きました^^
そして話しているうちに…、
その方のご主人が 叔父(義母の弟)と同級生だったことも判明しました。

叔父がライヴに来てくれ、打ち上げの席で 同級生で語り合っていましたねぇ…。
中学校を卒業して以来だったそうです。


前述したように 不幸が続いていましたので、
近年 宮城県の親戚に会う時と言ったら、
義父母の病院にお見舞いに来てくれた時、
お通夜、葬儀、一周忌…、
そんな悲しい時ばかりでした…。

ライヴ後に、
「こんな機会でかなちゃんと会えるなんてね^^」
と、伯母が言ってくれました(´▽`)


●義母の故郷、そして おばあちゃんのお墓のある玄松院。

●去年初めてミルトンに行き、再びのご縁で今年も行き、
その時にお目にかかったマスターのお兄さまが、おばあちゃんが眠る玄松院の副住職だった、
というサプライズ、、、

自分の中では別々に点在していたコトが、線で繋がりました。

『点』がいくつかありましたが、あとになってみると、
「すごい偶然だね~!」となる要因ばかり…。。。


そんなこんながあったので、うめ吉さんがライヴの中で、私の時間を作って下さり…、
少しのお喋りと ソロで篠笛を吹くことになりました。
故郷で演奏したこと…
義母が生きていたら、どんなに喜んでくれたかなぁ…(泣)

ご住職の奥様(私は、お母さん と呼ばせて頂いておりました。)には、
「第二のふるさとね。」なんて言って頂いたり…(´▽`)

ライヴが終わったら即、最終の新幹線で東京に帰るつもりだったのですが、
「親戚も来るのに、さっさと帰るのもねぇ…
もう一晩 泊まってらっしゃい。」
と言って頂き…、
そんなにお世話になってしまうのは厚かまし過ぎるよなぁ…、
などと思いながらも…、
皆さんのあたたかさに ついついコロッとひかれてしまいました<(__)>スミマセン…。

ライヴ終わったあと、
「お風呂わいてるよ^^」と言って下さったり…。
なんだか、自分の田舎と錯覚しちゃいそう…f^_^;
お母さんの話し方が、おばあちゃんそっくりでしてね。
訛りのやさし~い言いまわしが…^^


いや しかし…、
お盆の時期に、何も知らずに演奏で行ったお寺が、おじいちゃんおばちゃんの眠っている所だったなんて…
しかも、私も行ったのが初めてではなかったなんて…。

本当に濃いお盆でございました…。

どんなところに繋がりが眠っているか、わからないものですね。

ご縁がご縁を呼び、驚きの発見となったこと…、
本当に本当に 有り難いことです。。

うめ吉さんと一緒に演奏に行ったことからの発見…(´▽`)
うめ吉さん、お墓参りもご一緒して下さいまして ありがとうございました。


長くなりましたが、
最後まで読んで下さった方、ありがとうございました、

と言いましょうか、

お疲れ様でございました、と言いましょうか……、
両方ですね。

自分にとっては かなりアンビリーバボーな出来事なのですが、
一般的にはどぅなんでしょう…?

そーでもないよ~、な感じでしょうか…(.. )

ところで、内容をご解読頂けたかどうか 少々心配でございます…。

わからなかった方は、是非もう一度、この長文を丁寧に読み返してみて下さいませね。
…なんてコトは言いませんが\(^^:;)

ライヴのことも更新いたしますので、
また若竹をご覧下さいね(*^▽^*)

今回は、文章のみでつらづらとでしたが…、
次は、写真も載せますね^^
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2012/08/23 18:24 】 | 雑記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<オフ日のこと。 | ホーム | プールにお風呂に…。>>
コメント
驚き!
うめ吉さんのブログから、こちらに来ました。驚きでしたでしょう?単なる偶然とはいえないですね。とてもすてきな“偶然”だったと思います。ひとのつながりというのは、思っているより強いのかも知れませんね。すばらしいお話しありがとうございました。
【2012/08/23 19:41】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
お読み下さり、ありがとうございました<(__)>
deyさんのおっしゃるとおり、すてきな偶然でございました。
もしかすると、人には 自分自身が気づいていない偶然が まだまだあるのかもしれませんね(´▽´)
【2012/08/23 20:39】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
良いお盆でしたね
こんばんは(^-^)/本当にアンビリーバボーなお盆でしたね。必ず玄松院へ行く運命だったのだと思いました。素晴らしい出来事に立ち会えて感動しましたo(^▽^)o
私ももう一泊したかったぁ(^ ^)
【2012/08/23 23:46】| URL | うめ吉 #jUO0/r.M[ 編集] |
うめ吉さんへ。
読み通して下さり ありがとうございました。
あそこに行くことは、運命だったんでしょうかね……。
もしもあの時、お堂の写真を送っていなかったら…、
気づかないままで、この先の法事で行ったら 玄松院だった!
なんてこともあったかも(゜▽゜)

しかし、虫にはドキドキでしたよね(>_<)
一緒にもう一泊したかったです。
また 夏休みがありますように…♪(^-^)♪
【2012/08/24 08:35】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |

沖縄ではすごい台風なのに綺麗な月夜の白石です。大ファンタジー、ママと読ませていただきました。本当に皆さんの一瞬の振舞いが何かを繋げた素晴らしいお盆でした。お酒もお陰様で美味しかったです。そ言えば、ブラジル語で「いい!」を「ボン」と言います。 それではまた。
【2012/08/26 22:31】| URL | ミルトンマスター #-[ 編集] |
ミルトンマスターさんへ。
昨夜、きれいな星空でしたね。最近は 東京も空がとてもきれいなんですよ^^
マスター、ママ、読んで下さり ありがとうございました<(__)>
「いい!」の日本語とブラジル語、今回のことにピッタリだったんですね…
気づかれるトコロは、さすがのブラジル音楽愛好家のマスターですね!(o^-')b
【2012/08/27 14:50】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/959-7853e64a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |