3/17、ワークショップ♪


 
二週に渡り、『おはなしに音をつけよう』の講師で参加、
神奈川芸術劇場に行って参りました。
 
歌舞伎の舞台で、お芝居の音楽を担当する『囃子方』。
自然現象を描写したり、場面や状況を音で表現し、舞台を盛り上げる重要な役割をしています。
 
このワークショップでは、太鼓や鼓など また金物を使い、おはなしに音をつける「作調」に挑戦です!
 
二回目は おとなクラス。
前週のこどもクラスと違うところは、参加者ご自身が歌舞伎が好きだったり、日本の伝統芸能に興味があって 国立劇場などに足を運び、囃子方の演奏を聴いている方だったり…、
 
このワークショップは人気があったらしく、参加にもれてしまった方々は見学ができる、ということで、たくさんの「おとな」が集まりました。
 
おとなへのお題は、芥川龍之介の『杜子春』。
 
グループに分かれ、おはなしに音をつけるミーティングです。
初対面のおとな同士なので、
「うまく進めていけるかしら。」なんて心配もなんのその!
老若男女問わず 皆さん積極的 且つ協調性アリ。
 
 
 
 
初めて触る楽器ですが、おはなしに合う効果音を思うまま探し 試していました。
 
 
 
参加者は打ち物のみの体験。
打ち物に対し 笛は別物ですので…、
ご要望があれば吹かせていただこう、くらいに思っていましたら、
「ここではお祭り風に入れて下さい」とか、
「さみしげに吹いて下さい」とか、「脅かしているトコロなので、能管で力強く入れて下さい」とか…、
本格的なご要望でした^^
かなり皆さま考えてらして、こちらも嬉しくなりましたねぇ…♪
 
発表では、山崎美貴さんの朗読に音をつけてゆきます。
山崎美貴さん …オールナイトフジに出てらした方 と言えば、ご存知の方もいらっしゃいますでしょうか…?
 
参加された皆さまには、おはなしに音をつけることの醍醐味を 存分に味わえたことと思います(*^▽^*)
 
傳次郎さんの 囃子についてのお話に、参加者の皆さまは引き込まれていました(^-^)
 
私も改めて勉強になりました。
このワークショップに携わらせて頂き、よかったです(´▽`)/
楽しかった~♪
 
ありがとうございました<(__)>
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2012/03/22 00:37 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<少し前になりますが、卒業式。 | ホーム | 3月9日のK&Neoライヴ♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/876-f8311970
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |