民謡SONIC、終わりました~。


 
2月28日、『民謡SONIC』、無事に♪
 
一枚目は、前日のスタジオで撮ったものです。
私の小さいほうの三味線のケースは 軽くて持ち運びに便利なのですが、三味線を繋げた時に立てられないのが難点…、
このコが初めてギタースタンドに収まったところを記念にパチリ。
 
民謡SONIC、おもしろかったですよ(*^▽^*)
今年もメテオールの一員で出演いたしました。
 
若い世代の演奏家さんが、普段の演奏よりも自由に表現されていたように思います。
 
その中でもメテオールのようなグループは 貴重な存在と思いますね!
でもメテオールの場合、どうしても異端に思われてしまいがち…(+_+)
 
その昔、掛け声をかけながら仕事をしながら唄っていた唄…
暮らしの中で唄われた唄…
当時はそれが 当時に出来た表現だったのでしょう。
 
メテオールは、『民謡を軸として』現代の楽器と表現の仕方で演っているのです。
 
他の国でも、母国の音楽を軸にしてそれをやり、しっかり確率しているジャンルもありますからね。
 
民謡を正調にやっていらっしゃる方にとっては、多分 おふざけに思われてしまっているかもしれません……
ですが、彼らは真剣にやっています。
 
メテオールが結成されたのは、1996年、
民謡SONICに出演する為に慌てて結成したのではないのですよ。
 
民謡が昔のままのカタチで存在することは とても大事なことですし、伝承していくことは言うまでもありません…。
でも、民謡の先が細くなっているのが今の悲しい現状…
 
民謡を現代の楽器を使って表現していく人がいても良いはず、と思うのです。
民謡が発展をしていくことがあると。。
 
ボーカルのカズウさんは、お稽古も真面目に通っています。
私も真面目にやっている身なので、もしメテオールがおふざけでやっているのでしたら、参加しませんもの…(.. )
 
長く語ってしまいましたが、ひとバンド10分という持ち時間では、こうゆうことまでは語れません。
あの場では、演奏で表現するのみです。
 
ステージをご覧になった方には、どうかわかって頂けたらなぁ と思います(´▽`)
 
今年は去年に比べ、お客様の目があたたかかったように思いました。
ぃぇ、というよりも、ステージからは、楽しんでいらっしゃるお顔をたくさんお見受けしました。
年齢層問わず、手拍子をしている方もたくさんいらっしゃいました^^
 
リハの時に舞台の方が私の横で、
「いいね~いいね~」とおっしゃっていました。
 
本番では、客席の一番後ろで、両手を高く上げて手拍子していらっしゃる日本民謡協会の方が目に映りました!
 
…なんだかとっても嬉しかったです。
 
メンバーも楽しんでステージをつとめさせて頂きました。
 
 
 
 
演奏後にみんなで^^
 
楽屋でも楽しく過ごしました。
 
楽屋をご一緒した方々です。
 
 
『関西民謡保安協会』のお三方と。
こちらの演奏も興味深かったです♪
 
二枚目の写真は、ボーカルの塚田陵子さんとです。
この度をご縁に 今後とも宜しくお願いします(´▽`)
 
フィナーレは、全出演者がステージに上がり、花笠音頭を♪
突然 私もマイクを渡して頂き、一番唄いました^^
楽しかった~…(^-^)♪
 
来年もまた、民謡SONICに出演できますように…!
 
楽しい一日でした、
ありがとうございました(*^▽^*)
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2012/03/01 12:54 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<三月三日の舞台。 | ホーム | スタジオで練習(^-^)♪>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/867-183f932b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |