東京スカイツリー^^


上の二枚の画像については、後半で書かせていただきます(^-^)/
 
昨日、世界一になりましたね!
東京スカイツリー↑↑
 
今月には完成の高さの634メートルになるそう。
 
あと30メートル…
あの高さに30メートル足しても 見た目はそれ程変わらないんでしょうね。
 
毎日眺めていると、ゲイン塔が伸びているのが ほとんどわかりません(-_-)
 
突然 ニョキッ ではないですしね。
 
さすがに、部屋のソファに座っていていつの間にやらてっぺんが見えていた時には、
『あらっ(@_@)?』と思いました。
 
 
1月に撮ったもの。明け方は美しいですね(*´▽`)
 
 
 
こちらは今日の17時頃。
ゲイン塔、やはり成長してます^^
 
 
さて、冒頭に載せた浮世絵ですが。
今一度、ご覧になって下さい。
 
2月の東京新聞にも載っていました 非常に興味深いお話。
今朝のテレビでもやっていました。
ご覧になった方、いらっしゃるかなぁ。
 
江戸時代の浮世絵師 歌川国芳の書いた、『東部三ツ又の図』。
右側には隅田川にかかる永代橋…
左側奥のほうには、何やらそびえ立つ“謎の塔”。
 
似てますよねぇ…
もぅ東京スカイツリーにしか見えませんって(゜▽゜)
 
今の時代を予知していたのでしょうか…
あの時代にあんなにノッポな建物が存在していたとは考えるに難しい。
 
同じ位置からの現在の眺めが、そっくりらしいです。
左横に書かれているのは、火の見櫓。
現在はビルが建設中です。
 
不可思議、ミステリーですねぇ。。。
 
「井戸掘りの櫓」説が書かれていますけど…
あんなに高いのですか?それって。
大袈裟に描かれたのでしょうか。
 
あの土地に真水が出るとは考えられない、とも新聞に載っていました。
 
他にも、歌川国芳についてのゾクッとするような情報がありました。
 
今後是非とも調査して頂き、真相を知りたいです。
 
ぃゃ 『謎の塔』のままのほうがミステリアスで良いかも…
 
どちらにしても 気になります、すごーく(.. )
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2011/03/02 23:26 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<春の香り。 | ホーム | 下浚いでした。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/675-9a919ac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |