この扇子、ご覧ください^^
20090923140308
先日 両国での演奏でご一緒させて頂きました方から、こんなに素敵な扇子を送って頂きました\(^O^)/

外国の方ばかりのお客様でしたので、配られた端唄の概要の用紙は 英語でした(>_<)

楽屋で「何て書いてあるんでしょうね~」なんて言ってしまった私に、
「訳してお送りしますよ。」と さらりとおっしゃって・・・。

即日送って下さった物を開けて びっくり(@_@)
こちらの扇子が同封されていました。

白扇には・・
『笛吹きの
  江戸に名立る   望の月』

と、笛の俳画です。

なんて素敵で粋な贈り物なんでしょう・・。

この方、端唄 青柳流家元、青柳葵様のお弟子さんでいらっしゃる、青柳葵司郎さんです。
なんと俳書画の方では、孫弟子さんまでを合わせると 300人!の先生なんですって(@_@)

何年も前から存じ上げている方ですが・・、
端唄に 俳句に 俳画に、そして 英語ですょ(´∇`)

こんなにも多才でいらしたとは・・・ 何も知らずに失礼いたしましたm(__)m

有り難く、大事に使わせて頂きます。感激いたしました。
葵司郎さん、端唄の舞台でまたご一緒できる日を楽しみにしております^^
ありがとうございました。
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2009/09/23 14:03 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<秋は夕暮れ。 | ホーム | 風景の移り変わり。>>
コメント
俳画は極楽の美術、笛は天国の響き
人が生きる証は「美」です。美しい立ち居振る舞い、美しい言葉を語り、美しい音楽を奏で、美しい書画を描き、美しい詩を詠む。
謹呈の俳画を喜んで頂きましたことは僕の喜びでもあります。
僕は楽器オタクでバイオリン、ギター、三味線、沖縄三線、津軽三味線、マンドリン、和太鼓、インディアン太鼓、ハーモニカ、尺八、・・・・などなど。小さな楽器屋には負けないくらいそろっています。
ハーモニカでは由紀さおり、安田祥子さんの伴奏も何度かやりましたし、バイオリンはアメリカ、フランス、ドイツ、イタリー等々の街角で演奏してます。ただし上手いからでなく自分が勝手に楽しんでいるだけです。
太喜若さんの益々のご活躍をお祈りします。
いことはたしかです。
【2009/09/25 09:59】| URL | 福嶋正一(葵司郎、蒐火) #-[ 編集] |
葵司郎さんへ
葵司郎さん、コメントを下さり ありがとうございます。

楽器収集家 だったとは・・!
そして きちんと演奏もやっていらっしゃる♪
音楽は楽しむ 気持ち良いのが大事ですものね。
聴いて下さった方にも そぅ感じて頂けたら、演奏する側にとって この上ない幸せです。

美しい音楽に携われること。師匠からの教え、諸先生・先輩方を見習う機会・・・
芸に関してだけでなく、生きていく上で重要な要素を頂いていると思います。

葵司郎さん、ますますのご発展を・・
たくさんの方が、俳書画に感動されているんですね。私もそのうちの一人です。
今度とも宜しくお願いいたします。
【2009/09/26 14:29】| URL | 太喜若 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/328-15dc3950
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |