“鹿乃子の夕べ”でした♪
20090901004221写真は 帰りの銀座四丁目交差点から。

一ヶ月ぶりの 鹿乃子の夕べ。

“鹿乃子の夕べ”は、銀座 鹿乃子さんの二階にある 和喫茶店にて行われています。
ガラス張りの店内からは、銀座四丁目交差点、和光・・ と、ロケーションは最高です。

お客様にはお食事をされたあとに、その日のゲストの芸をお楽しみ頂きます。
これまでに バイオリンなどの洋楽器もあったり、歌舞伎役者さんのトークショー、来月には落語家さんも出演されます。

今日はほぼ満員のご予約を頂いていた様子でしたが・・・ 台風がきてしまっていたので、キャンセルも多かったのです。そりゃぁ無理もありませんっ。
私も家を出た時、「どぅよ!この雨風っ!!」と思いました(>_<)

でも・・ こんな空模様でさえも 足を運んで下さったお客様!
会場がとてもあたたかい雰囲気で、素敵な空間が創られました。本当にありがとうございました。
ほとんどのお客様が 初めて篠笛の音を聴く方々で、じっくり聴いて下さっているのが よぉくわかりました。
アンコールまでいただき、とても嬉しく思いました(*^□^*)

終わる頃には 外はだいぶおさまり、お客様のお帰りには傘要らずでした。・・よかったです^^ホッといたしました。

次回の私の担当は、9/28(月曜日)です。
今回お会いできなかった方にも お会いしたいです。どうぞお出かけ下さいね。
またご案内させて頂きます。
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2009/08/31 23:52 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<リハーサル♪ | ホーム | しばらくぶりに銀座へ♪>>
コメント

久しぶりに「鹿の子の夕べ」に横笛を聞きに、銀座に台風が上陸する予報に、でも銀座についたときは雨も上がり、早くも秋の暮色を思わせる素敵な銀座の街になっていました。
その銀座四丁目、鹿の子二階での「ミカド香奈子横笛ライブ」窓から見るぎんざの街灯を背に素敵な香奈子先生の横笛の音色にお客様も、ましてはじめて、篠笛を聞かれたお客様も多くいらしたみたいですが、曲目も親しみのある曲目で、満足されて銀座の街を後にされた事と思います。
その、曲目の中に徳島県の民謡「祖谷の粉ひき唄」を聞いたときに、えっ、これが粉を引く作業唄で、そして里唄とは思われぬ、哀愁のある音色に、ついついかずら橋の風景の中に身をおいてしまうほどの感動を覚えました、
でも、この曲は屋島の合戦で敗れた平家の落人の悲哀を込めた唄でもあり、曲でもある為でしょうね。 篠笛だけで聞くと、かずら橋の山に囲まれ美しい渓谷に抱かれて静かに風にゆれるその姿を、一枚の水墨画にしたような音色は、聞く人の心に深く残したことと思います。しみじみ、一本の細い竹の楽器なのに凄いな~と感じました。
そして、その竹にいのちの音を吹き込む事の難しさ、素晴らしさ。どうぞこれからも、又いろんなジヤンルの演奏家の方たちとのコラボレーショそして、和のシンプルで奥深い可能性のたくさんある横笛の音色を聞かせて下さい。

帰りの銀座は涼しい秋風が、銀座を歩くときは「バケメン」でなく気持ちだけは「イケメン」のつもりで、へへへへへ
これからも、ご活躍を  バケメン太郎

【2009/09/02 21:21】| URL | バケメン太郎 #-[ 編集] |
バケメン太郎さんへ
私にはもったいないような 身にあまるお言葉ですが・・ 有り難く読ませて頂きました。

あの日、素敵な空間を創って下さったのは お客様でした・・(*´∇`*)
あの空模様でさえもお出かけ下さったお客様に とても感謝しております。
終わった後 皆さまから話しかけて頂き、ご感想を聞くことができました。心あたたまる思いでおりました。

バケメンさんが 篠笛のことをこんな風に思って下さっていること、とてもとても嬉しいです)^o^(
バケメンさん(イケメンさん!?)のコメントを読んでいたら、なんだか私もそのライヴに行ってみたくなりました(^_^;) ←おかしな話ですけれど(^-^;

自分の中で、まだ行ったことの無い“かずら橋”を思い描きながら、祖谷の粉ひき唄を吹いています。
バケメンさんが、かずら橋に行かれたお話を伺っています。。
祖谷地方の秘境をたずねて、その自然を体感してみたくなりました。

和の奥深さを大事にして 広がりのある演奏をしていけますよう これからも精進して参ります。
どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。ありがとうございました(*^∇^*)
【2009/09/03 12:28】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/313-60d567a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |