コンサートその3
休憩時間には 急いで着物を替えたり・・・

二部は、望月庸子さんと二人でのスタートです。
まずはトークを・・小鼓のお話には お客様の「へぇ~~」とか「ほぉ~~」などのお声が^^
季節もちょうど良く、能管と楽太鼓で、ヒュ~ドロドロ とやりましたら、会場わきました^^
トークのあとには、小鼓と能管で、お能からきている音楽を・・。 ゆるやかな舞、女性らしくも勇ましい舞の音楽、そして連獅子の狂い五段など・・ 初めて聴く方にも比較的インパクトのある音楽をまとめて演奏いたしました。

このあとは ピアノとご一緒∮♪
ミキ_サカタさんをお迎えしました。
私のトークにちょうど良い音楽を奏でてくれて・・・ そしてトークが終わって曲に入る時には 心地よいタイミングで前奏へと繋げて・・ 曲ごとに、私が調子(key)の違う篠笛を取り出すことなど、、この一年間で お互いの呼吸がだいぶつかめたように思えました(o^-’)b

DSC_0372.jpg

DSC_0374.jpg

原曲とは全く違うアレンジで、とてもスムージーな『蘇州夜曲』から始まり、ミキちゃんお気に入りの『お江戸日本橋』、これを聴くと京都に行きたくなるような『マイ フェイバリット シングス』などなど・・・

DSC_0381.jpg

プサルタとの二重奏『アメージンググレース』は、やっている本人も気持ちよく出来てホッといたしました。
実は 休憩時間で二人で軽く音合わせをしていたら、プサルタの弦が一本切れてしまい(>_<) この音を使わないでも出来る構成を考え直しての本番だったのです!
プサルタは ハープやチェンバロ、ピアノの祖先の古典楽器です。一本切れると音が一つ鳴らないんですよ(*_*)
転調をしながら繰り返していく流れでしたので、今思えば冷や汗モノです(>ε<;)

最後は 月シリーズ・・『月の光~おぼろ月夜』。クラシックのピアノに揺られながら・・・。
月と篠笛・・ 大好きです(#^.^#)

*その4へ続く

スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2009/07/23 11:19 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<コンサートその4 | ホーム | コンサートその2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/286-0f4cfc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |