短夜 (みじかよ)
20090626232821
今日、19:20の西の空です。
梅雨の合間に こんな夕焼けが見られるんですね。

春分の日から 日脚が伸びてゆき、夏至には最も長くなります。
秋は『夜長』、夏は『短夜』と言いますね。
短夜は 夜が短く夜明けが早い意味の季語ですが・・ 古典和歌では 夏の夜を、人を待ち焦がれたり、別れを惜しむ意味で使われていたそうです。
う~ん、昔の人って あからさまに出さないけれど、言葉の持つ意味に、深いものを感じますね。

話は変わりますが・・・私は、笛を吹くことが大好きで・・ なのに最近 自分の中で何かがうまくいかない みたいな感じがしたり・・。

自分の稽古の量が 足らないのかな・・ とか。
もっとしっかり 稽古しなさい!、と 自分の身体の中からの声が聞こえてくるような・・。

ここのところ、コンサートに向けてのリハがあったり。
長唄協会演奏会の下浚いがあったり。
いろいろな場があることは有り難いことなのに、納得いくような事は そぅそぅできるものでもなく・・
吹いた時に、自分も心地よく感じられるような、そんな音色が出せたらいいのになぁ・・・。
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2009/06/26 23:28 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<前日準備でした~^^ | ホーム | コンサート“若竹さんぽ”>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/264-63ad4662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |