笛への想いなど・・
20080308031106
今日のお風呂は 若竹色でした^^ どこの温泉の入浴剤だったかなぁ・・ そんなお湯につかりながら 今日の稽古を思い出したりして、頭の中を巡っていたこと。

笛はおもしろい。深いです・・。
今まで和洋いろいろと楽器を手にしてまいりましたが、一番簡単な作りをしているのに 一番深いんです。いや、簡単な作り という表現には語弊があるかもしれません。自然に近い、とでも申しましょうか・・。

糸を張る、撥で弾く、撥で打つ、鍵盤を押す(たたく)、ピックで弾く・・楽器の演奏方法は様々ありますが、笛は自分が送りこんだ風で鳴るのです。唇のひき加減や息の強弱、おなかの力の入れ具合、気持ちの入れ方など・・同じ運指でもこれらの調整で 鳴る音が変わってきます。情緒がまるで変わるんですよ。でも なかなか思いどおりにはいかないのですけれど(>_<)

篠笛を吹く時と 能管を吹く時とでは、まず それぞれに向ける自分の心持ちも違いますし・・あぁ、いっぺんには書ききれません(>д<)
それほど 笛は深いのだと私は思います。 だから おもしろいのです(*^o^*)

続きはまたいつか・・、つらづらと書かせていただきます♪d(^^)b♪

今夜も夜景がキレイですよ☆
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2008/03/07 23:58 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<お休み | ホーム | あちらに見えるのは・・>>
コメント
こんばんは
またお邪魔いたします。
香奈子さん、同感です。それに・・・
一管一管異なる音色、それが吹き手によっても変わり、その場の空気や季節によっても変わる。
単純で深い楽器、でもだからおもしろい、ですねo(^-^)o
自然の一部を切り取ったような姿音色。その証のように、自然の中で吹くと、自然の音が響き返しきて、また溶け込んでゆきます。
太古の昔からこの国で草笛のように身近に奏でていたのでしょうか。
どんな律でどのような音楽を奏でていたのでしょうね・・・。
想いをめぐらせると尽きることがありません。
ついつい熱がはいってしまいました。
今度お月様みながら、語り合いましょうか。
【2008/03/08 18:22】| URL | まりさか #-[ 編集] |
いつも読んで頂きありがとうございます
そしてコメントも有りがたく読ませて頂いています^^
音楽の話 特に笛のことを語ると尽きませんよね。まりさかさんのおっしゃること、私も同感ですよ。そうですね、月明かりの下で語りたいものです。
どんなに音響の良いホールで吹いても 自然の中に溶け込まれた音に勝るものは無いのかもしれませんね。
自然の息吹きをたくさん吸収したくなりました。
【2008/03/08 23:58】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/16-d6db5687
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |