『お座敷唄 ゆきの会~其の七』でした。
素敵な会に出演させて頂き、光栄です。



舞台の様子。










同じような世代で、小唄、端唄、俗曲、民謡、といった お座敷唄を一緒に演奏できること、
本当に嬉しく思います。

「こんなことが唄われていますよ。」
の 普乃さんのお話も楽しく わかりやすく、
お客様は 堅苦しくなくお楽しみになっていました( ´◡` )♪


この季節にちなんだ曲を お送りしました。

川、雨、雷、
お祭り、朝顔、ほおずき、などなど。

お天気や 植物を唄っている中ですが、
いろいろなことが 含まれています。。。


小唄や端唄の世界、大好き( ´◡` )

あれやこれや・・・
訳ありなコトや何かも・・・
日本の言葉は きれいに表現しています。

そして、
もしかしたら、現代では 何でもなく思えるような事柄が、

なんて 良いものなんだろう。。。

と 気づかせてくれるのも この世界。


篠笛は、一曲の中をずっと吹いているのではなく、

きれいだったり
嬉しかったり
良い思いをしたり

と、その曲の中で 良い場面に吹くことが多いです。


開演前に。


終演して お客様をお見送り。
いつも応援下さる うちのミカドのお兄さま方。


終演してから 楽屋にて。


山本普乃さん、この度もありがとうございました。

共演の 加清明子さん、島村聖香さん、
ご一緒できて 幸せです。

このコンサートが ずっと続いてゆきますように。。。(*´∀`*)




スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2016/07/01 23:58 】 | 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<浴衣会のご案内です。 | ホーム | 明日、6/30のことです。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1506-9983c3d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |