ミカド70周年うたまつり。その③
すっかり あけてしまいました💧💧💧

続きを書きます。


二代目天風『はな舞台』
伴奏陣、この日 一番の緊張な時間です。

まずは、母 天風と私の二人舞台。



『月がたり』と題しまして、
民謡と端唄を 月にちなんだ歌詞で天風が唄い、
私は 篠笛を。。。



舞台、きれいでした。
自分たちは直接みていないけれど、写真を見たら、
この舞台、観てみたい、
と思いました( ´◡` )

若柳三十郎師の踊りに、天風が唄いながら 踊りでからんで、
並木駒形 を。


奴さん も、三十郎師の踊り。


丹山範雄師のお唄に、天風が踊り、、、
江差追分 を。


ドライアイスも登場。。。

これからも 美しく踊り続けてね( ´ ▽ ` )



信濃追分は、娘が踊りました。










天風が唄って 踊りも少し孫と一緒に。




なんだかな、 じぃ~んときました。。。

舞台袖で観ていたゲストの方、うるうるしていたそうです。

しかし まぁ、よく稽古していました。
私が台所にいると、「これはこぅでいいの?」とカタチを作るし、

私の見えない所でも、、
部屋で、
お風呂場でもしていたみたい。

一週間後の鉢洗いでは、皆さんからひとこと言っていったのですが、
娘は、
「練習が足りませんでした。」と言っていました。

私、見習わなくては、、、(。-_-。)


お兄ちゃんは 尺八を吹いていました。
丹山先生の唄では 二尺四寸、頑張っていました。
まぁ 息子がかまえると、そんなに長いように感じませんが、、( ´◡` )💧


小諸馬子唄を、また 天風と丹山先生のコンビで。

最後は、母のお師匠さま 市丸先生の十八番、
天竜下れば を須藤房静お社中の踊りと共に。



この時間は、民謡の会では あまりやらないような演出をしています。
芝居仕立てでこしらえています。

伴奏陣も皆 がんばりました。
お疲れさまね。。。

















孫と嬉しそう。


娘と嬉しそう。


子供たちと嬉しそうです(*´∀`*)



次で最後、続きます。。。




スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2016/05/24 16:30 】 | 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ミカド70周年うたまつり。その④ | ホーム | 今日 明日のことです)^o^(>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1499-01f5e70c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |