全国地芝居サミットin魚沼。
《一度 アップしたのですが、会館のFacebookからお写真を拝借し、投稿させて頂きました。》


師走です。

カレンダーも残り一枚。。。

おかげさまで、この秋はたくさんの演奏活動をさせて頂きまして 充実した日々を送らせて頂きました(*^^*)

書きたいことはいっぱいありますが、秋の締めくくりに経験いたしました お芝居のお仕事のことを書かせて頂きます。

29日30日と、新潟県魚沼市に行って参りました。

全国には、地域で行われている歌舞伎 地歌舞伎があります。

芝居で吹くことは、 ホントに駆け出しの頃にやらせて頂いており、今までとても役立っているように思います。

四年位前には、朝丘雪路さん主演の芝居で吹かせて頂いておりました。
その時にご一緒した、立花志十郎さんのお声かけで この度行かせて頂きました。

今ではFacebookがありますので、あまり久しぶりにお会いした感覚がしなかったです(^◇^;)



新幹線より。
外は 雨が降りそう。。。

そんな心配もよそに、日中は青空でございました(*^^*)


魚沼市小出郷文化会館。

『やまびこ三番叟』
『白浪五人男』
『吉野山』
『義賢最期』
の四題。

午前中に着いて、まずは 三番叟のリハーサル。
この、やまびこ三番叟は ご当地のオリジナルです、

午後にはすぐ『やまびこ三番叟』の本番を終えまして、、、

大ホールに移動し、
あとの三題のリハーサルが始まりました。



立派なホールでした。


義賢のセット。



始まる前に、花道に立ってみた~(*^^*)


撮っているところを 撮ってくれていました、、、
お三味線の、東音 坂田舞子さん。
ちょっと暗くなっちゃったけど…>_<…


浦佐駅から 会場までタクシーで向かったのですが、
失礼な言い方で申し訳ないのですが、
こんなに長閑かな所に お客様集まるのかしら、、、なんて。

地方って、ホントにどこからこんなに人が集まるの?
な位に、客席がうまるんですよね。

この度もそぅでございました。







裏から。

始まる前に いろいろ撮らせて頂きました。

白浪五人男、吉野山、、、
若竹をご覧の方で、歌舞伎をお好きな方がいらっしゃったら 見覚えのある風景でしょうね。。。

舞台を作ることは、とても時間を費やします。
従って、地方(じかた)の私たちは、待ち時間になるのですが、
台本を見たり ツケを見たり 音源を聴いたり、、、

食事タイムも^ ^


夕飯は いつ食べられるかわからないので、
さめていても美味しいものを注文しました。

お昼は、焼肉定食で しっかり元気をつけ、、、
白米が、素晴らしく美味しいの(*^o^*)

お腹が満たされると、
台本を見ていたつもりが 途中に気を失っていたり・・・( ̄▽ ̄)

皆さん、忙しい秋ですしね、睡眠不足なのでした。



コーヒー、何杯いただいたかな(^^;;


下座音楽、お芝居のBGMといったところでしょうか、、、
黒御簾 という場所でいたします。

お三味線、そして私たち 囃子方は、芝居の時は ここに居て音を出します。

義太夫さんは 舞台上です。

眺めは こんな感じ。


客席から見て左側、舞台下手(しもて)になります。
この隙間から 役者さんの動きを見ています。


地元の方々のお芝居、素人さん と言えども 皆さま立派に役をつとめます!

子供たちがまた素晴らしかったです!!!

結局、リハーサルが終わったのは、日付かわる頃・・・

翌日には本番を迎える訳ですが、役者さん達やスタッフさんは驚くほどの早朝入りです。

ほとんど寝ていないのではなかったかと思います。。。

本番は、9時半に開演でした。

まずは、やまびこ三番叟。
・・・の青年たち^ ^


みんな、ちっちゃい頃から 芝居をやっているんですよね~
すごいなぁ。。。(^.^)


白浪五人男のちびっ子達。

ちびっ子、なんて言葉は失礼なくらいの立派なお舞台でした*\(^o^)/*

台詞も上手!!
大人顔負けな台詞まわしには、客席が関心の声で どよめく。。。

お客様の歓声、拍手喝采(*^^*)
子供の頃にこれを味わってしまったら、やめられませんね(^◇^;)

最後の『義賢最期』、長いお芝居です。
最後のほうの派手な立ち回り、
最期 と題名につけられたからは、最期がある訳で、そこが一番の見せ場でしょうか、、、

その場面では、シーンとした所に能管を吹くのですが、
ちょっと緊張しちゃったわ(^_^;)
失敗は絶対許されない場面ですし。。。

終始、義太夫さんの迫力ある語りと 撥さばき。
あの中で芝居をするのは、さぞ気持ち良いだろうなぁ・・・。

本番、事故もなく無事に終演され、本当によかったと思いました。

干溝歌舞伎保存会、塩沢歌舞伎保存会の皆さま、
お疲れさまでございました。

また、客席から見えないところで動いていらっしゃったスタッフの方々、
お仕事を何役も受け持ち、本当にお疲れになったことと思います。

皆さま方の芝居への熱心さ、ことあるごとに思い出しそうです。
自分も頑張らなくては! という気持ちになりました。

会場さまからお写真を拝借。。。

白浪五人男。


吉野山。


義賢最期。

まさしく 最期の時。硬直して このまま前に倒れます。
平面でなく 三段に倒れ込む、、、
恐怖です…>_<…


帰り、駅にて旗を見かけました。


ご盛会、誠におめでとうございました。

記念に、

ご一緒した、長唄さんと^ ^


今回、タイトなスケジュールで、
駅→会場→ホテル→会場→駅

の移動のみ。
でもなんだか、今となっては あのタイトなスケジュールもお名残惜しい気もいたします。。。

演奏とは違う緊張感のあるお芝居、
経験させて頂いたことを有り難く思います。

秋の締めくくりに 良いお仕事をさせて頂きました。
皆さま、ありがとうございました(^-^)/



スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2014/12/02 18:43 】 | 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<バンド活動のこと。 | ホーム | こんにちは^ ^>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1407-0fe69a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |