スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
浅草公会堂にて。
また間をあけてしまいました(+_+)


少し 寒さが穏やかでしょうか…?
空を見ていると 何となくお天気が落ち着いているようなので、
天気予報も見ておりませんで。

最高気温、最低気温を気にしていないと、なんだかラクでいられるのかも、
なんて思いました。。。

このくらいの気候で 落ち着いていてほしいですね。

寒いの きらいなもので(>_<)



ここまでは、一昨日の朝に書いたものでした。。。


またまた、間あいてしまいました(>_<)


では、本編に入ります。。。

22日は、浅草公会堂にて 日本郷土民謡協会の、
「郷民舞踊連合大会」でした。

初めて伺った会です^^

民謡歌手 湯浅みつ子さんの唄う 「手古舞木遣り」 一曲の為に、お声かけて頂きました。

「このような曲は、民謡のみ吹いている奏者では、味が違うから…。」
と…。

途中に 木遣りくづしの入れ事があったり、と 私も好きなタイプの曲♪

本番、気持ちよく吹かせて頂きました^^


会場をあとにして、笛の師匠宅へ向かおう と電車に乗ろうとしたら…

民謡の雑誌 『みんよう春秋』の編集長さんとばったり!
取材に行っていたそう…。

「さっきのお笛、やっぱり香奈子さん?」

と おっしゃって頂き、嬉しかったです(*^▽^*)


さてさて、
師匠のところに伺いましたら、
私の能管よりも 見た目からして太めの能管をいきなり手渡され…、

音、鳴らしづらい…(*_*)

油断すると鳴らない、
強く吹いたからと言って 鳴るものでもなく、

お腹からの息でないと ほんとに鳴らない。

でも、鳴ると 深みのある音。

歌口も広めで、
試行錯誤しながら、何巡も『舞』を吹かされました。

(吹かされた、なんて言い方はいけないですが(>_<))

獅子物に出てくる、『乱序』を何度かやり、
もぅ 先生、カンベンして下さい(-.-;)
と思う位に、体力勝負な能管でした。

「毎日、これで30~40分 舞を吹き続けたら、5キロ痩せられるぞ。」
と。

でしょうね。。。

吹いてラクに音が出る能管ばかり吹いていたのでは ダメなんだな…
と痛感…。

最近、というか前々からですが、
特に最近、 能管の音(ね)を良くしたいのです。

大きくうるさく鳴らすのではなく、
厚みがあって円やかで、且つ 力強さもあって。

同じ手事を吹くにも、いろいろな表現ができるように。。。


篠笛は篠笛で、
唄われている内容を理解しながら、

三味線音楽が聴こえてきた時に、
「あれ?笛が入っていたの?」と思われる位でもいい、
そのくらいに 流れている音楽の中にとけ込んだ音色。

また、
「いいところで笛が聴こえてきたねぇ…」
と思われるような音色。

モノは違っても、篠笛も能管も、しっかりとした風が入れば 気持ち良く鳴ります。

なんだか、とっても、笛の音を追求したいです。

いろいろな現場で吹く機会を与えて頂いていて、ここのところ 本当にそぅ思います。

きれいな音でも、薄っぺらく鳴っているのではなく…

いろいろなことが含まれているような 質、色。。。

なんだか 目の前が広がってゆきます。。。

もっともっと頑張りたいな(´▽`)


しかし、外、すごい雨風になりましたね。
お気をつけて下さいませ。
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/11/25 23:01 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<『おはなしに音をつけよう』 | ホーム | 神奈川芸術劇場 KAATにて。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1257-9343467f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。