神奈川芸術劇場 KAATにて。

 
古典芸能ワークショップ
「おはなしに音をつけよう」
 
17日(日)と 24日(日)の両日に開催するとのこと。
 
昨年に続き、この度もお声かけて頂きました。
 
 
歌舞伎の舞台では、お芝居の音楽を担当する「囃子方(はやしかた)」と呼ばれる人たちが活躍しています。
雨や雪などの自然現象を描写したり、合戦、お祭りなどの場面や状況を「音」で表現し、お芝居や踊りを盛り上がる重要な役割を担っています。
 
このワークショップでは、その囃子方を講師に迎え、実際の歌舞伎で使用されている鼓や太鼓などを使い、おはなしに音をつける「作調」という作業に挑戦していただきます。
 
 
と、パンフに書いてあります。
 
こどもクラスと おとなクラス。
それぞれ、2時間ずつのワークショップ♪
 
ひとクラス10人位でしょうか…
少ないように思われるかもしれませんが、
実際 17日にやらせて頂き、昨年の記憶がよみがえって参りました!
 
この人数がちょうど良い♪
 
 
 
 
講師は、
歌舞伎の囃子方で活躍されている、田中傳次郎さん、
 
福原鶴十郎さん、
 
わたくし、望月太喜若。
 
そして、ナレーターは 文学座の高橋紀恵さん。
 
 
歌舞伎で使われている代表的な楽器がずらり、皆さんの前に並んでいます。
大太鼓、締太鼓、小鼓、大鼓(変換されませんでした(-.-;))
大拍子、桶胴、
銅鑼、オルゴール、当たりがね、神楽鈴。
 
(篠笛と能管の体験は、無しです。)
 
まずは、どんな音がするのか、楽器の紹介でした。
 
そして、三人で演奏も少しいたしました。
 
指揮者がいないのに、同時に始まって、途中でテンポがゆっくりになったり のってきたり…、
最後はピタッと終わります。
 
という、邦楽独自の音楽のお話をしたり…。
 
そのようなご紹介をしてから、
皆さんの体験タイムです♪
 
三つのグループに分かれ、講師の三人がそれぞれに付きます。
 
芥川龍之介の『蜘蛛の糸』に、音をつけます。
 
おはなしの中から、受講生が感じたこと…、
 
この部分では、どんなイメージだろう…
 
キレイなことを言っているなぁ…
 
怖い場面だなぁ…
 
どの楽器で どのような音をつけると良いかな…
 
講師が少しのアドバイスをしながら、受講生が決めてゆきます。
 
決めたら、実際に楽器を使って 少しお稽古。
 
「ここに笛を入れてほしい。」
と言われれば、お入れいたします♪
高い音で、とか、こわい感じで、などのご注文で^^
 
そして、最後に発表です!
 
こどもクラスでは、それまで別室で待っていた保護者の方に中に入ってもらい、お客様になって頂きました。
 
皆さん、ナレーターさんの読むおはなしに耳を傾け、
台本に目をやりつつ、
楽器で音を出し、そして 楽器を持ち替えながら…。
 
始めてのことですのに、素晴らしかったです、こどもクラスも おとなクラスも(´▽`)
 
皆さんの持っている感性を活かし、とても良い感じでした!!
 
私も、とっても楽しかったぁ◎^∇^◎
 
あっという間に時間が過ぎました!
 
 
次の24日も 楽しみに伺います(*^▽^*)♪
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/11/20 15:54 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<浅草公会堂にて。 | ホーム | うめ吉さん、直兵衛さんと♪>>
コメント

情操教育というか、感性を養うのにとてもよい方法のような気がします。打楽器奏者の知人が、似たようなワークショップをやってて、お手伝い兼見学に行ったことがありました。なによりもとても楽しそうでしたね。こんな機会をもっと広くもっと多く、持ってもらったらいいですね。
【2013/11/21 07:39】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
昔、テープやレコードもなく、お芝居には生で音をつけていまして、それは現代でも同じようにされています。
大太鼓では様々な場面を表現します。波の音、川の流れる音、雨の音、風の音、などなど。。
また、実際にはない雪の音も…。真っ暗で静まり返った夜に降り積もる雪も 音にしていました。
これから歌舞伎や日本舞踊を観る機会があったら、音も気にして観るようにすると、いろいろな事が見えてきておもしろいですよ、とお伝えしていましたよ。
【2013/11/21 15:21】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1256-c3350928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |