江戸東京博物館へ。



 
20日、
娘と国技館をあとにいたしまして、
江戸東京博物館に行きました。
 
ここの建物って、おもしろい作りになっていますよね。
 
常設展と特別展を見ることにし、
先に常設展へ。
 
長いエスカレーターを上がり、
いきなり6階から。
 
一枚目は、日本橋の再現。
 
二枚目は、両国橋だったかな。
 
三枚目は、町中です。
 
江戸博って ジオラマが楽しいんですよね^^
 
娘も夢中。
そばに双眼鏡が置いてあります。
 
このころの東京、想像するだけで わくわくします((o(^-^)o))
 
 
 
 
当時の芝居小屋は、ほんと行ってみたいですね。
 
三枚目の町中の写真ですが、
笛を吹いている人を たまたま見つけました。
 
 
 
 
アップ^^
 
町がいつも賑わっているよう…。
活気があったんでしょうね。
楽しそうだなぁ。。。
 
 
特別展では、『明治のこころ』をやっていました。
 
大森貝塚の発見者 エドワード・モースが、庶民の暮らしや 日本人のこころに深く関心があったそうで…
 
アメリカに持ち帰っていた多彩な品々の展示です。
 
外国人の表現する 日本についてのあれこれは、なんだか新鮮に思えます。
 
当の日本人が忘れかけていた何かを 思い出させてくれるよう…。
 
そして、改めて、
やっぱり 日本て良いなぁ…(´▽`)
と思いますねぇ。。。
 
モースが日本で初めに関心を示し、スケッチをしたのが、
「カタカタ」響く木で出来た履物だったそうです。
 
下駄 ですね。
下駄の音は、日本人が聞いても、
いいものだなぁ と思いますものね。
 
コレクションは、
写真、陶器、生活用品、人形、本、
食料品やお菓子が入っていた 缶や瓶、箱、
モース自身の日記やスケッチ、
などなど。。。
 
当時の、物を大事に使っていた「時代」も感じました。
 
楽しかったですよ(´▽`)
 
 
江戸博は、お土産屋さんも楽しい(*^▽^*)
 
「ミュージアムショップ」 という所ですね^_^;
 
つい、いつまでも居たくなってしまいます。。。
いろいろ買いたくなってしまう衝動を抑えるのが大変(>_<)
 
って娘でなく、私のことですけどね(^^:;)
 
 
博物館めぐり、またしたいなぁ…(´▽`)/
 
 
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/10/26 15:00 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<メテオール、レコ発ライヴでした♪その1。 | ホーム | 日本民謡協会、民謡民舞全国大会。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1243-e5097468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |