浅草公会堂にて。


 
20日、
『津軽三味線 浅草物語 2013』
を観に行きました。
 
開演10分前に入ったのですが…
 
びっくり!
1階席は うまってしまっていたので、2階席へ…。
 
びっくり、なんて言葉は失礼ですが、何故そぅ思ったか と申しますと…
 
この公演、お弟子が主催していたのです。
 
彼女は、浅草の老舗蕎麦屋『十和田』さんの若女将、可代子ちゃん。
 
津軽三味線は、本場の津軽から先生に出稽古に来て頂いていて、
お店の従業員さんと共に お稽古を受けています。
 
浅草公演 ということで、任されることになった可代子ちゃんは、
浅草で生まれ育った 江戸っ子。
そして 根性もあります。
 
そんな彼女でも、こんなに大きな公演を初めて背負って立つのは 容易なことではありません。
 
津軽から、津軽三味線の先生、
津軽民謡の唄い手さん、三味線弾き、手踊りのお社中、
 
そして、和太鼓のグループ、
浅草の祭囃子のお社中、
自分達の三味線のグループ。
 
この出演者で行われる公演です。
 
浅草公会堂という 大きな会場。。。
 
プレッシャーは 相当なものです。
 
まだ小さいお子さん二人の子育てをしながら、お店を切り盛りしながら、
そして 自分の稽古も…。
 
どんなに大変だったことでしょう…(*_*)
 
ここ最近は、お稽古場に来ると、稽古をつけるより 悩み事を聞いていたかも…。
 
私には そのくらいしかしてあげられず、もどかしい気持ち…。
 
 
でも、本番当日に向けて、月日って 普通に過ぎてゆくんですよね。
 
当日を迎え、会場に行くまでなんだか私も緊張してきてしまいました。
 
彼女は、お客様の入りをとても心配しており、2階、3階席は封鎖して、1階席だけにお客様を集めたい、
 
と言っていたのですが…、
 
会場に着いて、びっくり!です。
嬉しびっくり(≧▽≦)
 
幕が上がると、立派な舞台になっていて、客席からも 「わぁ~。」と声が上がりました。
 
彼女もいいお顔で、三味線を構えていました。
 
もぅ 感動の嵐。。。
涙なくしては 観られませんでした。
 
津軽民謡と、和太鼓の演奏。
そして、曲で綴り 台詞の入る浅草物語。
 
1時間半の公演が 良いリズムで進みました。
 
浅草と津軽を繋いだ 素晴らしい公演でした。
 
わたくし個人的に…、
津軽手踊りの山本とし子師と お社中の踊りには、目が離せなかったですねぇ…、
素晴らしかったです!!
 
 
一枚目は、アンコールの時に撮ったもの。
 
録音、撮影禁止だったけれど、
「いいよね~?」なんて 大きな気持ちになって撮ってしまいました(^^:;)
…ごめんなさい(.. )
 
帰るお客様の、「よかったね~。」という声を あちらこちらから聞いて、私 嬉しくなっておりました。
 
 
二枚目は、仲見世通り。
夜8時前には こんなに閑散としてしまいます。。。
 
 
この日、彼女はお誕生日でもありました。.・゜・.。・*・。.・
 
一生の思い出になるお誕生日になったことでしょうね(´▽`)
 
その晩に、お疲れさまメールを入れておいたら、
 
律儀に返信をくれて、「2階席からオーラを感じていました。」
と。。。
 
この日、フツーに洋服スタイルだったのですが、あの広い客席から よく見つけてくれたものです。
 
可代子ちゃん 余裕あったのね~!
と思いましたが、
 
相当な見守ってるオーラを発していたのかもしれません…(O_O)
 
 
一昨日は、上野桜木で小唄の会の下浚いがあり、
 
その後に浅草に用事があり…、
なんだかものすごく歩いてしまい、
 
ちょっと気になってもいましたし、休憩がてら『十和田』さんに行きました。
 
 
 
 
美味しく頂きました~(^-^)
 
 
 
 
お店の中で ツーショット^^
 
後ろにあるのは、公演のお祝いに アニマル浜口さんが贈って下さっていたお花です。
 
 
お店では 皆さんこの格好ですよ。
 
お祭りでなくても、普段から浅草でこの格好をしているのは、人力車の方々か 十和田さんですね。
 
日焼けしているか していないか、の違いでしょうか…( ̄▽ ̄)
 
何はともあれ、元気なお顔を見ることができて 安心しました(´▽`)
 
本当にお疲れさまでした♪
 
 
『若竹』をご覧の方、
浅草にいらしたら、メトロ通りにある『十和田』さんへ 是非^^
 
(すしや通り店は、親戚の方がやっていらっしゃいますよ。)
 
 


スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/09/24 23:55 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<いよいよ、本日(*^▽^*) | ホーム | 振り返って…。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1230-c68569a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |