仲秋の名月
20080915003412
20080915003409
日中のどんよりなお天気・・・ 今年はお顔出さないかも(-_-;
と思っていたら、娘が「お母さんっお月さまっ」と教えてくれました^^

風に流される雲にかかりながらも、綺麗な姿 見えましたね。うさぎのお餅つきもはっきり(o^-^o)

満月は「望月」とも呼ばれ、月明かりが頼りだったその昔、真ん丸の輝く月に 親しみと感謝の想いを持っていました。
“月ではうさぎが餅をつく”、という話も この呼び名に由来しているのだとか・・・。

お団子作り、楽しかったですょ。こねこね^^
正式なお供えはしませんでしたが・・、あずきと みたらしを作って、食べました。

日本に昔からある 四季折々の行事って、良いものですね。
日々忘れかけている大切な事を、思い出させてくれているような気がいたします(●^o^●)
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2008/09/14 23:57 】 | 雑記 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<月下美人が咲いたそうです | ホーム | 「源氏物語」特別企画公演>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/119-8a243e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |