中国の旅、最終章。


 
これで最後の更新…♪
 
写真を見返していたら、
きれいなのがありました。
 
北京から成田に向かう帰りの飛行機、
窓側だったので 撮れましたよ。
 
ここはどこでしょう?
立山とか その辺りでしょうか。
 
ぴょん と山の上に飛び降りられそうな気がしてしまいました^_^;
 
 
最後の公演が終わり、ホテルに戻る頃にはお腹もすいて、結構いい時間になっていて、
 
「あと10分後にロビーに集合!!」
ということで、部屋に入り 着物を脱ぎ捨てて 洋服に着替えて急いでロビーに行くと
1番でした\^o^/
(どぅでもいいコトですけど。)
 
 
ホテルと繋がっている お料理屋さんへ。
 
中国 って赤いイメージでしたが、(幸せの色なので)それはそれで良いことですが、
 
ずいぶんとスッキリとお洒落な雰囲気のお店が多かったです。
 
 
 
 
特にこちらは、丸テーブルからお料理を取るお箸が 自分用に用意されていて、
食べる時のお箸も もちろんありまして。
 
こうゆうセッティングがされているお店は 高級な所だそう…
 
右側が取るとき用、
左側が食べるとき用、
 
途中でごっちゃになっている方もいらっしゃいましたが、
共に過ごしてきた仲間ですし、正直もぅ 全然かまわないです~(´▽`)
 
最後の最後は、団員とガイドさんだけの食事。
 
やはり日本人の私達は、
 
今まで 食卓に大変残してきていたことを気にしており…、
 
品数を少なくしましょう と。
 
ガイドさんは、
お国の人としては納得がいかないんですって。
これでは恥ずかしい と…。
 
でも日本人は、出されたものはきちんと食べる習慣なので、こちらとしては 心ぐるしくなくいただけます。
 
 
白酒も 皆さんで頂きまして…。テーブルが広いので、乾杯は手が届きません。
目の前の丸テーブルに グラスをかちゃかちゃっ て鳴らして、
みんなで乾杯したことになるんですって^^
 
 
…おいしくいただきました(´▽`)
 
 
 
 
お店の外で 記念写真^^
 
本当に楽しい旅をさせて頂きました。
 
 
日本に残してきた家族には 申し訳ないくらい(.. )
(何度も言ってるなぁ。)
 
うちで、いろいろ写真を見せている時に ふと思い出したんですけど、
 
慣れないお湯ポットを使ってて、
手に火傷をしてしまったんです。
 
「いつしたの?」
 
「演奏直前に…(>_<)」
 
「大丈夫だった?
でも、こんなにご馳走になったんだもんねぇ~(´▽`)
 
…大丈夫だよねぇ ¬。¬」
 
と へんなつっこみをされ、
「う、うん、大丈夫^_^;」
としか言えませんでしたねぇ…(.. )
 
 
そぅそぅ、
左手を火傷して、思ったのですが、
 
髪を洗うときは、普段、
右手でシャワーを持ち、左手で洗うのですが、
左手が使えなかったので、
 
左手でシャワー、右手で洗おうとしたら、
全然うまくいかず…。
 
利き手でも 髪って洗えないんだぁ~
 
と 発見をしましたよ!
 
ま、どうでも良い話ですけどね。
 
 
あ。また思い出したことが…。
 
仕事で旅に行くと、空港の荷物検査でよく引っ掛かるのですが、
だいたい、楽器のことだったり、踊りの小道具だったり…。
 
今回は『戻り橋』だったので、切り取られた 鬼の手があります。
 
「これは何だ?」と、
やはり 引っ掛かっていましたね。。。
 
で、意外にも 刀はスルーでした。
 
舞踊家さんは あと、かつらのケースですね。
ちょっとバッグにしては 変わったカタチをしているので、やはり、
「これは何だ?」となります。
 
もぅ 帰る頃には 説明がめんどうになって、
ボサボサとした長い毛の鬼のかつらを 自ら見せようとしていたのには 笑いました(≧▽≦)
 
 
行く前は 何かと心配・不安に思っていた中国の旅でしたが、
行ってみたら何でもないどころか、
貴重な経験、素晴らしい交流、と、
本当に良い公演の旅をさせて頂きました。
 
ご一緒させて頂きました皆さま方、
そして 中国にてふれ合った方々に、
感謝の気持ちでいっぱいでございます。
 
また、長きにわたり こちらをお読み下さった方々へもお礼申し上げます。
(って なんだか『若竹』が終わっちゃいそうな表現でしたが、終わりません^_^;)
 
どうもありがとうございます<(__)>
 
これからも 精進してまいります<(__)>
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/04/06 11:24 】 | 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<入学式でした。 | ホーム | 中国の旅、その5。>>
コメント

本当に楽しそうな演奏旅行でしたね。“演じる方が楽しくなければ、お客さんは楽しい気持ちになれない”というようなことを某俗曲師さんから教えていただいたことがあります。私が舞台に立つときの座右の銘にしています。おそらく香奈子さんはとっても楽しい気持ちで演奏されたと思います。楽しく演奏できたと思います。そしてお客さんもきっとおおいに楽しまれとおもいます。すばらしい舞台だったと思います。そして、演者にそのようなコンディションを提供されたスタッフの皆さまの働きもすばらしいですね。
【2013/04/06 19:40】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
皆さまのおかげさまで 良い旅でございました。
舞台では 生半可な気持ちでいてはいけませんよね(;´・`)
私は10代の頃ですが、今までの中で一度だけ よくない気分で舞台に上がった覚えがありまして…、
今それを思い出しても 自分に腹立たしさを感じる程です。
大人になってからは特に、舞台に上がらせて頂いている有り難さをいつも心に、そして自分も楽しんで お客様にもそぅ思って頂けるよう、今後も精進して参ります<(__)>
…某俗曲師さんは 私もよく存じ上げている方でしょうか(´▽`)/
【2013/04/08 01:09】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
鬼の手
やっぱり荷物から『鬼の手』が出てきたら、税関も面食らうでしょうね。お互いに大変だったかも知れません。はたからみているとなかなか愉快な景色かもしれませんが。そういえば、そのよくご存じの俗曲師さんも和装に関して税関で苦労されたとか、『鬼の手』でも懐に入れていたんですかね。
【2013/04/08 13:24】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
「さて、次は何で引っかかるか!?」と、自分たちも、半ばおもしろがっていましたけどね^^
着物を着ていると、髪のピンや 帯に使う ちょっとした金具に、ピーピー鳴りますね。
鬼の手は どぅだったでしょうか…
…今度聞いてみましょう(笑)^_^;
【2013/04/08 13:58】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1111-47ac1613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |