中国の旅、その1。




 
少しずつ更新してまいります。
 
いきなり、食べ物の写真から。。。
 
中国の食の文化には、本当に驚きましたねぇヽ(´▽`)/
 
 
一日目は、ホテルに到着したあと、
まずは下浚いを…♪
 
 
そして、夜はホテルでお食事。
 
日本に残してきた家族に申し訳ない…
と 何度思ったことでしょう…ほんとに<(__)>
 
まだ出てくるの??
と、お料理が次々と運ばれてきました。
 
一度の食事で いったい何品出てきたのかなぁ…
 
お皿がカラになることがなかったです!
 
「こんなに残しちゃもったいないし、お店の人に失礼よね。」
なんて思いますが、
中国はおもてなしのお国。
 
全部食べると、「足らなかったの?」と思われるそうで…、
 
日本と違うのですね…
 
あぁ、もったいない(>_<)!
 
 
翌朝の食事に行って、また驚き!!
 
なんて豊富なんでしょう\^o^/ と。
 
何なのかわからないものも多かったのですが、とりあえず匂いを確かめながら…
 
とにかく美味しい!
口に合わない というものが、なかったです。
 
麺類は、まず麺を選び、具を選ぶと作ってくれます。
しかし、量が多いなぁ…。
 
二日目の午後は いよいよ演奏でしたが、
朝食のあとは自由行動。
 
ホテルの近くの大きなショッピング街に出かけました。
 
お土産屋さんでなく、日本でいえば、イトーヨーカ堂みたいな所。
 
四枚目、
団長の常磐津東蔵先生と、娘さんの常磐津文字絵さんと。
お二人には大変お世話になりました。
 
普段着でお出かけです^^
 
 
食料品の売り場は、すごかったです。
 
お茶の種類もすごい!
お花や食物を乾燥させた物がずらり。
これらもお茶としていただくんですよね。
 
 
 
この売り場、
計り売りは、全くわかりません…
 
お米や雑穀は 砂山のようになっていて、
雑穀なんて 買って帰りたかったですけどね…。
 
 
食べ物もそぅでしたが、
初日、ホテルに到着して 部屋に入って驚き!
 
高校の修学旅行で行ったきりの 中国でしたが、
 
前に写真を載せましたが、
こんななの(゜▽゜)!?
と思わせるようなお部屋。
 
これまた、日本に残してきた家族に申し訳ない、と…(-_-)
 
 
 
 
バスルームからの眺め。
バスタブとシャワー室が別になっていました。
 
バスタブからは このように部屋が見えます…
 
で、このバスタブには大変助けられたのですよ!
 
上海、この時期は暖房を効かさなくなっていて…
 
エアコンつけても 暖まらない。
部屋の中で ダウンを着ていましたもの(>_<)
 
熱めのお湯に入ると、はじめ、
顔が寒くて、体があたたかくて、
まるで、露天風呂にいるかのような感覚でしたよ(´▽`) 
 
ここであたたまりながら テレビを見たり。
お風呂ずきには たまらなかったです(≧▽≦)
 
 
さて 次は、蘇州大学での演奏のことを書きます♪
 
やっと 本題ですね。。。
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/04/02 00:33 】 | 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<中国の旅、その2。 | ホーム | ご報告。>>
コメント
食文化
私も一番はじめ香港に行ったときやってしまいました。食べ物は残さない習慣でしたので、出されたものを完食しました。大食漢の私でしたが、かなりきつかったのを覚えています。
【2013/04/02 07:45】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
そうでしたか…(>_<)!
完食はとてもとても! ですよね。
若い男性の囃子方や 舞踊家さんだったら、それはもぅ勢いよく食べたでしょうね^^
なんて 話が出ていましたよ^_^;
日本人は 残さず食べることを、子供の頃から教わっていますものね(´▽`)
【2013/04/02 16:11】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
もてなされてます!
これは本気でもてなされてますよ~!

アタクシは大学時代、短期留学の香港でツアーガイドをしてましたが、次々と運ばれる料理はとても高いんです!
フツーは円卓で大皿にまとめて出して、「高そうに」見せるだけ!

で、卒業してから香港の銀行に勤めましたが、現実的な香港人は「遠慮する人」「高いものが分からない人」「接待してもメリットの無い人」にはもてなしません・・・。
そして中国本土の人はもっと露骨です。

だから、かなりのVIPだったんでしょうね~。
【2013/04/02 22:18】| URL | takataka #-[ 編集] |
takatakaさまへ。
どぅだったんでしょうかね…
わたくしは内情は知らないのですが…。
行く前は不安が多かったのですが、団長さまが前日にお電話を下さって、「心配なことは何でもおっしゃって下さいね。」と。
「皆さんに 中国を良い想いで過ごして頂きたい。」という想いを聞かせて頂きました。
この事業に とても真摯に取り組んでいらっしゃいました<(__)>
おかげさまで、素晴らしい経験をさせて頂きました。

それにしてもtakatakaさん、そのようなお仕事をなさっていたなんて…(゜▽゜) すごいですね!
【2013/04/03 12:38】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1106-e5ce7cc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |