最終段階に入りました♪
少し曇ってきましたね。
 
ここのところ、寒い日が続きましたが、まぁ、それでも例年よりも それほど、
「寒い{{(>_<;)}}」
と感じないのは なんでかな。
 
と思ったのですが、
着ているからかな…
今年は ヒートテックなるものを買いました、初めて。
 
今までが 薄着すぎたのかもしれない、と思い直しました。
 
まわりの声を聞くと、
ジーパンの下には タイツ、
とか、
靴下は二枚、
とか。
 
ジーパンの下にタイツ なんて、とてもガマンできません(*_*)
 
肌触りがダメ~
まどろっこしくて。
 
単に 太ももの太過ぎで、もそもそと感じているのかもしれませんけどね…(>_<)
 
ガードルとかもダメ~
 
上も、もこもこ着るのが好きでないんです…。
たいして冷え症でもないので 大丈夫なんですけどね。
 
なんだか、どぅでもいい話になってしまいました(+_+)
 
 
昨日も小学校の授業へ…。
 
昨日は、緊張感のある授業に 持っていくように致しました。
 
なんてったって、この授業が終わると、
発表会を入れてあと二日間のみ!
 
こちらが「こんなふうに吹きますよ。」
と吹くと、
席を一番前にさせた わんぱく坊主タイプの子が、
 
「癒されるわぁ~~…」
 
と言ったのには 笑いました(´▽`)
 
そして、お話もしました。
 
発表会の時、お客様の前で演奏する時、
お客様は、耳から音を聴きますが、目からは皆さんの姿を見ます。
 
吹き始める前に 篠笛をひざの上で持って 待っている姿勢、
から、
吹き終わって ひざに戻すまでが一つの動きとして心得ましょう。
 
良い構え方をしていると、体と篠笛が良いバランスになります。
自然と息の当たり具合も良くなります。
 
お客様は、目と耳で演奏を聴いています。
良い姿勢で演奏したものを観聴きしたお客様は、
「いいものを聴いたなぁ。」と印象を持つはずです。
 
みんなだって そぅ思うと思うよ^^
というような話…。
 
と、そこへ教室に校長先生がいらして、
「自分からも一ついいですか?」と。
 
「音を出していない、構えるまでの無音であるところにも音楽があるのです、
そこが、日本の音楽、邦楽器の美しさなんです。」
 
「…余計なこと言ってすみません。」
と校長先生は私におっしゃいましたが…、
まさに、そこなんです、
校長先生、素晴らしいお言葉をありがとうございました。
 
 
こんな話をしたあと、子供たちがちょっと変わりました。
 
 
次の授業では、まずそれぞれの楽器で練習したあと、
三味線、打楽器、篠笛との 合同練習をいたします。
 
あぁ…
講師陣はドキドキです(-.-;)
 
 
3、4時限目が終わると、いつもの…
 
 
 
給食^^
 
校長室に入った途端に、目に飛び込んできたこの黒いご飯、
 
一瞬、「いかすみご飯…?」
なんて思うほどの。
 
黒豆、そして雑穀も入っている、
「まっくろくろくろご飯」。
すごいネーミング!
 
まっくろくろすけ までの「くろ続き」は知っていますけどね。
 
この献立、なかなか良かったです…
 
参考にしよう…<(__)>
 
 
 
 
少し もやっていましたが、それもまた、おぼろげで幻想的でした。
 
さぁて、
次も気合い入れてゆきます♪
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/02/01 16:00 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<舞踊の会でした。 | ホーム | 新しいユニットが始動いたします(^-^)♪>>
コメント
無音の音
深いですね。音楽に限らず、日本の芸術全部にそんなところがあるような気がします。絵や演劇その他の日本の文化には、空白も無ではなくて、何かがある。そんな気がします。
【2013/02/01 19:15】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
本当に…おっしゃる通りと私も思っております。
古くからある そういった日本の美しさは、これからも永遠にあるべきで、無くしてはならないと思います。
それには、若い世代の方々が日本の美学に気づかなくてはなりませんね。
【2013/02/02 13:47】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1065-5ad0fc12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |