新しいユニットが始動いたします(^-^)♪
かねてより、じわじわとお知らせさせて頂いておりました、民謡の新しいユニット、
『民謡 六人の会』が始動いたします♪


以下、佐藤錦水さんのfacebookより、拝借いたしました。

『民謡 六人の会』

工藤武
佐藤錦水
本條秀五郎
美鵬成る駒
鼓友緑佳
ミカド香奈子

以上のメンバーにてこれからの日本民謡の在り方を追求して参ります。
皆、同じ志しを抱き新たな風をこの世界に運べればと願っております。
そして未来の子供達の為にもこの素晴らしい日本の音楽を残して行きたい。
そして民の唄である音楽としての民謡の本当の在り方を提案して参ります。
全ていわゆる和楽器奏者であり、いずれの演奏家も日本民謡に精通したハイレベルな有志のプロ集団です。
どうぞ今後の活動にご期待下さいませ。


『民謡 六人の会』のコンセプト。

伴奏がユニゾンだから流行った民謡。
しかし本来、伴奏がなかった“仕事唄”は、どんな伴奏でも歌えるはず。
そこにあえて、「手付」をするのだから、すべてメロディーと同じ旋律の「手」を付ける必要はなく、音楽的に引き立ち合う「手」にすべきであり、編成楽器も改めないといけない。
するとそこに民謡にも芸術的音楽という言葉が見えてくる筈である。
“座敷唄”にも同じ事が言えます。
あまりにも、秩序を侵した編成や演奏が溢れています。
近年、民謡を音楽的する運動はすでに始まっています。

「いま、民謡の礎を記した先達者達に敬意を評し原点に帰り、残すべき民謡の姿を伝えていきたい。」

民謡は、日本的な音楽性を持った芸術歌曲にすることができる可能性があるジャンルなのです。

ーーーーーーーーーー

先日、初めて楽器を持ち寄り 集まりました。

今まで、仕事の現場でご一緒させて頂くことはあっても、仲良しお友達の関係でいたのではなく、尊敬に値する方々との演奏です、
緊張いたしました。。。

まずは、6月6日にお客様の前で演奏することが決まっております。
詳細はおってお知らせさせて頂きます。

秀五郎さんのお師匠さまである 本條秀太郎先生とは、私の祖父母、母から繋がりのある方、

錦水さん 成る駒さんは、十代の頃から大変お世話になっている方々、
家もご近所です^^

緑佳さんとは、端唄のお仕事で お互いに望月流の名前の時に もぅ何度もご一緒しております。

私は、津軽三味線の演奏家さんとの接点がほとんど無く、
武さんのことは、素晴らしい奏者であることは存じながらも 全くの初めて。
初顔合わせの段階からほんとに緊張しっぱなしのわたくし。。。
でも、人間的にも大きくて素敵な方で…
ホッとして、よかったぁと思ったりです…。

素晴らしい皆さまとご一緒させて頂けることを誇りに思い、
精進を重ねて参りたいと思っております。

皆さん、それぞれがバンドをやっていたりの活動も広くされていますが、
原点に戻る大切さを知ってこその、『民謡 六人の会』です。

今後の活動を見守って頂けますれば、幸せに思います。
どうぞ宜しくお願いいたします<(__)>
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/01/30 17:09 】 | 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<最終段階に入りました♪ | ホーム | 地デジでの放送です^^>>
コメント
すごいメンバーですね~
民謡をさほど知らないアタクシでさえ分かってしまうすごいメンバーですこと!
成る駒さんは二度ほど生で聴いたことがあるのですが、何か怖いんですよ。
「殺気」を感じるというか・・・。
すごい人ってそうなんでしょうね。
【2013/01/30 23:46】| URL | takataka #-[ 編集] |
『民謡 六人の会』
とても楽しみです。とりあえずカレンダーの、6月6日にマークしておきました。
【2013/01/31 08:11】| URL | dey #-[ 編集] |
takatakaさまへ。
そうなんですよ!
若手(この世界、まだまだ私たち世代は若手です。)の素晴らしいメンバーの集まりです♪
大変勉強になります。
そうですか、ご覧になったことあるんですね。成る駒さんのバチさばきは 本当にあざやかですよね!
娘さん時代から 鳴り物さんでご活躍されていて、様々なミュージシャンとの演奏経験が豊富な方です(´▽`)
【2013/01/31 09:40】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
deyさまへ。
ありがとうございます\^o^/
6月6日に向けてがんばります♪
私たちも意欲的に取り組んでおります。
【2013/01/31 09:48】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1064-87713166
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |