『若竹さんぽVol.3』その4





 
↑同じような写真ですけれど。
 
演奏者、それぞれ自分の楽器を持って…、
と思ったら、天風さんは三味線でなく 頂いたブーケでした^_^; 
 
出演者、スタッフ、そして子供たちです。
 
 
本編終わり、アンコールを頂き 再びステージへ。。。
 
実は本当は、
ソロで一曲吹きたい曲があり、お話をしてから演奏したかったのですが、
時間がおしていましたもので、カットいたしました。
 
前回から二年ぶりの、篠笛コンサート『若竹さんぽ』。
この二年間には、私にとって いろいろなことがあり過ぎました…
 
2010年の夏、義父母に病気が見つかりまして…
 
私が仕事に行く時は、子供たち(孫たち)が乳飲み子の頃からみていてくれていました。
そして とても可愛がってくれました(´▽`)
 
仕事が終わって迎えに行けば、私の分のご飯も用意していてくれて、
お料理が上手な義母のご飯を、いつもいただいておりました。
 
私がずっと音楽を続けることが出来たのは、この二人のおかげさまなんです。
嫁なのに、本当の娘のように接してくれました。
 
義母のほうが病気の進行が早く、
前回 2011年1月のライヴを決めた時は、車椅子ででも観てもらえたら…
 
なんてことを願っていたのですが、その頃には外出できる加減ではありませんでした。
 
容態が気になりながらも、無事にライヴを終えたものの、
翌日、早朝に病院から連絡があり、
「急変した」とのこと、
 
…なんだか、ライヴが終わるのを待っていたかのよう。。。
 
慌てて病院に行きました、
それでも私たちには話もできておりました。
 
でも、10日後に義母は亡くなりました。
一番そばにいて、見送りました。
 
その後、、、大変な出来事が他にもあったのですが…、今はやめておきますね。
 
そして翌年の4月には 義父が亡くなりました。
やはり一番そばにいて 見送りました。
 
あんなにお世話になったのに、なんの恩返しもできずに…
あまりにも早すぎました。。。
 
本当に素晴らしい二人でした。
あんなにおおらかで 本当にいい人、って人がいるんだなぁ と…。
 
義母が亡くなって二ヶ月後に、震災がありましたが、
義母は宮城県の出身…。
 
天国でどんな思いでいたのだろうか、
と思うと、胸が痛みました。
 
そんなこんな二年間があり…
 
いろいろな思いや 願いや 祈りをこめて、アンコールを頂けたら吹こうと思っていたのですが…
 
当日、吹かなくてよかったかも…、
というか、吹けなくなってしまっていたかも…。
 
あ~…
だいぶ語ってしまいました。。。すみません。
 
 
話を元に戻しましょう…
 
アンコールはですね、
『ふるさと』を出演者全員で♪
 
 
 
会場のお客様に、歌って頂きました。
 
皆さま歌って下さり 大合唱でした。
 
感動いたしました。
 
思えば、、、
会場をぎっしりうめて下さったお客様、
ライヴの最初から しーん と静まり返り、皆さまがよぉく聴いて下さっていました。
 
本当に感動…
心から感謝の思いで いっぱいになりました。
 
おかげさまで 良い会をやらせて頂くことが出来たと思っております。
 
スタッフのお弟子女子も、よくやってくれました。
 
 
 
 
ゲストの方々、家族、
そして お越し下さったお客様…、
ライヴに関わって下さった方々皆さまに、お礼を申し上げます。
 
本当にありがとうございました<(__)>
 
 
そして、最後になりますが…、
私には なくてはならない大切な友達、
横笛演奏家の 坂本真理さん。
 
演奏家であるが故、視野を広く広げて気にかけてくれ、
進行、裏方まで 当日の仕切りをやってくれました。
 
本当は そんなことまでさせてはいけない すごい奏者なのに…
 
いろいろ助けてもらいました。
ホントにありがとうね<(__)>
 
 
これから、もっともっと精進を重ねてゆかなくては、と思っております。
 
(4回目がいつか出来るといいな と思っております…。)
 
今後とも どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
ありがとうございました<(__)>
 
 

スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/01/13 00:47 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<どっさり。。。 | ホーム | 『若竹さんぽ Vol.3』その3>>
コメント

香奈子さん
なんだかすごくよく書いてくださってありがとうございます。
至らないことが多くすみませんでした。
演奏会のその場で、香奈子さんが表現したい笛(音楽)の世界のイメージを創り上げるお手伝いをさせていただけたらもう幸せ、と思っています。次回もどうぞお手伝いさせてくださいませね。

私は香奈子さんの追っかけ、もとい一ファンですので・・・
香奈子さんのお人柄、芸への姿勢、清く潔く美しい所作やお姿、そして笛の音色と奏で出される音楽の世界、などなどに、
心から惚れ込んでおりますから!
そんな尊敬に値する人物が、=何より信頼している心の友であることのご縁に、誇りと幸せと感謝を感じております。
私も、私の笛(音楽)の世界を意識して精進していきたいと、改めて意図いたしましたよ~。
感謝いたします。

次回を楽しみにしております。
【2013/01/13 23:28】| URL | 真理 #-[ 編集] |
真理さまへ。
真理さん。。。
どうしましょう…
こんなにも書いて下さり 今、感激の嵐です。
真理さんは演奏も素晴らしいばかりでなく、頭が良く キレも良い。
ただただ敬服するばかりの方です…。
同じ篠笛でありながら、二人の表現する場と その世界は異なり、
独奏の真理さんのお笛は 私にはとてもとても表現することの出来るものではない、静の中にも幅もある奥が深い音楽…。お笛が身体と一体化しているよう。
演奏会を聴きに行かせて頂いている時には、こんな友達がいることをいつも誇らしく思い、客席では感動感激しております。
普段から心の支えとさせて頂いておりますが、
この度、当日は完全に頼りにしてしまっておりました。
本当に心強かった…、感謝しております。
ありがとうございました。<(__)>
これからもどうぞ心の友でいて下さいね。
【2013/01/14 00:55】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1050-fd283737
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |