『若竹さんぽ Vol.3』その3






 
休憩中に着物を替えまして。。。
 
第二部、
望月庸子さんと二人で登場し、
古典からスタートいたしました。
私、古典のほうでは『望月太喜若』という名前を頂いておりまして…、
 
この時は、太喜若にギアチェンジです。
 
 
 
太鼓、小鼓、そして能管で、新春を寿ぎました。
 
お能からの流れのもの…、
やはり このようなものを、それも 庸子さんのような方とやらせて頂くと、気持ちが引き締まります。
キリッとなります。
 
庸子さんには、お客様に小鼓の説明をして頂き、
 
会場が、
「ほぉ~~」とか
  「へぇ~~」 などとなりました。
 
 
さて、
このあとは ピアノとの共演です。
Miki Sakataさんにご登場いただきました。
 
この度は…
「着物 着てみようかな…」
着ちゃう…?」
 
となり、洋装でなく 着物になりました^^
 
一揃えある、というので、
新春ですし、こんな機会には着ないと…(^-^)
 
「開場してから開演まで時間あるから、やってあげるから~。」
 
なんて言ってたのですが、
いろいろ用事があり そんな訳にはならなくなりまして…
 
楽屋では、天風さんが着せてあげたり 庸子さんが帯締めてあげたり…、
と、結局 お二人に任せてしましました…<(__)>
 
ミキちゃんも、
「ドレスならファスナーひとつ上げればいいのに…、
お着物って大変!」と。
 
 たしかに、着物を着るには 細かいパーツが多いですね。
補正も必要ですし…。
 
でも、美しく 仕上がりましたよ(*^▽^*)
 
そして音楽も…。
ミキちゃんの美しいピアノにのり、篠笛が活かされていたかなぁ…。
 
一曲は、庸子さんの小鼓もご一緒に、
リベルタンゴを♪
このメンバーでリベルタンゴを演るのは、4年半ぶりです。
 
終盤にかかりまして、
ミキちゃんには楽器をプサルタに替えて頂き…
日本の古典楽器と ギリシャの古典楽器のアンサンブル♪
 
 
 
 
『星に願いを』を篠笛と。
 
曲目決まったのは 最後のリハで、二日前。
なんとかいってしまったような気がいたします…♪
 
私たち、月とか星が好きで(´▽`)
 
最後に、篠笛とピアノで、
月シリーズ。.*・゜・*.。.。.・*
月と付く曲を織り交ぜまして…
 
ムーンリバー、ドビュッシーの月の光、おぼろ月夜 を演奏いたしました。
 
自由な感じで、音楽に気分が ゆらゆらゆれました…♪
 
 
本編はこれにて終了。。。
 
 
まだ次に続きます。
更新がサクサクとしていなくて すみません、
またご覧下さいね(´▽`)/
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2013/01/11 23:35 】 | 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<『若竹さんぽVol.3』その4 | ホーム | 『若竹さんぽVol.3』その2>>
コメント
ちょっとビックリ!
最初にミキさんの着物姿を見たとき、
「たすき掛けなくて大丈夫かな?ペダルは踏めるのかな?」
とそっちばかり気になりましたが、取り越し苦労でしたね~♪( ̄▽+ ̄*)
【2013/01/12 07:27】| URL | takataka #-[ 編集] |
takatakaさまへ。
お返事遅くなり、申し訳ありません、
今日は一日、端唄の会で吹いて参りました♪

ミキさんとは、前にも一度(浴衣でしたが)、夏にライヴをした時に着たことがあったので、「いけるかな~」と思っていました^^
先日はさほど 弾きまくる感じの音楽ではなかったので、大丈夫だったと思います^_^;
…きれいでしたでしょ(´▽`)/
【2013/01/12 18:48】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
新たな発見、新たな経験
今回のコンサートは、おもしろい経験を多くさせていただきました。たとえば、ミキさんのプサルタはじめて聞いた楽器でした。それから能管の音をじっくり聞いたのもはじめてでした。そう言えば、いままで能などではメロディを聞いたことがなかったような気がします。そして、庸子さんの鼓・太鼓などの鳴り物が入ると、演奏に厚みが出るように感じました。『立体的』になる感じがしました。鳴り物がはいると賑やかになるのは感じていましたが、『立体的』という感じ方ははじめてでした。よい経験をさせてもらいました。
【2013/01/13 00:25】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
お楽しみ頂けて 本当によかったです。
なんせゲストの皆さんは、それぞれが素晴らしいミュージシャンですから…。
ミキさんの音楽の世界、美しくきらびやかで大好きです。
端唄は、一人で弾き唄って完成のものもあれば、
しっとりとした曲では、篠笛がすーっと気持ちの良いところで聴こえてくるよう… 流れている 位の存在、
決して 邪魔にならないように。そして、鳴り物と共に情景を描き その曲を立体的に表現する…

そのようなことがわかっている演者同士が演奏すると、良いものが生まれるんですよね。。。
自分も また聴いて下さる方も、気持ちよく思えるような演奏をすることを、これからも心がけてゆきたいと思います(´▽`)
【2013/01/14 00:48】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1049-40fef2c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |