録音でした(´▽`)♪

 
今日は、録音をして参りました♪
 
浅草のお弟子の事務所、オフィス ガナゴナ内にある録音スタジオにて。
 
 
 
 
こちら『若竹』にもよく登場させています、メテオールのカズウさんの事務所です。
 
CD創りにおいて、今日も大変お世話になりました。
録音に始まり、ジャケの相談などなど…
 
案がいろいろ浮かび、悩み事が増えてばかり^_^;
 
先日の写真撮影にも お付き合い頂きまして…
 
寒いなか すみません、
と、この時期言いそうですが、
 
とても暖かく 最高のお天気でした\^o^/
あんな陽気、なかなか無いかもです。
 
ちょこっとお見せいたします…
 
 
 
 
こんなふうなのもあります。
ブルーがとてもきれいでした。
 
あえて洋服にいたしましたよ^^
 
 
録音は もう少し頑張ってみますね。。。
 
篠笛のみ という難しさを今日は痛感です…。
 
アンサンブルはアンサンブルでの難しさがあるけれど、
 
篠笛という楽器は、
音を鳴らすのも 
伸ばすのも 
音を消してゆくのも、
全て自分で操らなくてはなりませんものね。
 
でも、なんだかとても楽しかったです(*^▽^*)
 
…がんばります♪
 
 
スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2012/12/12 23:58 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<邦楽器指導の授業が始まります。 | ホーム | 昨日は隅田川にて。>>
コメント
川と篠笛
私の家の近くの“新城市”に『野田城跡』があります。
川と篠笛の写真を見ていて、その野田城での逸話と思い出しました。
戦国時代のことです。武田信玄が野田城を攻めていました。野田城の対岸に陣を張っていました。そんななか毎夜、野田城から笛の音が聞こえてきます。『村松ナントカ』という笛の名人が吹いていたそうです。そして、信玄が本陣を出て、その笛を聞きに来るようになりました。そこで『鳥居ナントカ』という無粋な兵が信玄に向けて鉄砲を撃ちかけました。その後、武田軍は城を落としたものの進軍をやめ、撤退、程なくして信玄は死亡しました。鉄砲で負傷した傷が悪化したのが死因だともいわれています。
戦場で、対岸の敵陣からながれてくる笛の音に聞き惚れてしまう。それを聞きに大将が自陣をでてしまう。身の危険を忘れて・・・。
どんな笛の音だったのでしょうね。
香奈子さん、また『新城』にいらっしゃることがありますか?新城で聞く、“名人の笛”を楽しみにしています。またいらしてください。
【2012/12/13 10:28】| URL | dey #-[ 編集] |
deyさまへ。
ご近所にそのような逸話があるのですね。
笛の主は、笛の音で戦を抑えようとしたのでしょうか、、、
それとも……?

にしても、結果がすごい内容の逸話ですね…

笛の音色には 人を魅了する『何か』があります。
私も魅了されて 始めた訳なのですが…。
人様の心に響くような笛を吹けるよう これからも精進いたしたいと思います。

新城、また行ける時があるといいなぁ と思っております。。。
またお目にかかれますように…^^
【2012/12/14 15:01】| URL | 香奈子 #xLYi35P2[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://wakatakesannpomichi.blog37.fc2.com/tb.php/1028-d18c239e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |