長唄協会 夏季定期演奏会。
ご無沙汰続きで失礼しております、、。

相変わらず 元気で活動しております(•ᵕᴗᵕ•)


昨日は、長唄協会 夏季定期演奏会でした。
国立小劇場にて。



わたくし 望月太喜若は、
「新曲浦島」で吹かせて頂きました。



何度も舞台などで経験している曲ですが、この度も勉強になりました。

作詞は、坪内逍遥。
坪内逍遥に関する講演会が早稲田大学で行われたことがあり、この 新曲浦島を演奏させて頂いたこともありました。

詩の世界がとても好きです。
特に 竹笛(曲中で篠笛を吹くところを言います。)の歌詞が好きで、旋律にしても本当に素晴らしくて、、、
ここを吹く時は、なんとも言えない心情になります。。。

なんて美しいのだろう。。。

作曲は、杵屋勘五郎師。
そう、昨日の「島の千歳」の立三味線は 杵屋響泉師でした。
勘五郎師は お父様です。

響泉師、御歳104歳。

現役の長唄三味線奏者です。
ドキュメンタリー動画を見つけました。ご覧になってみて下さい。
生き方に、そしてお三味線に、圧巻、圧倒されます。

104歳密着ドキュメンタリー

この動画で演奏されているのは、新曲浦島ですね。

演奏後、ロビーでお会いしました 上段の方々と。


暑い中 聴きに来てくれた、ミカドの応援団と。


母の言うことが おもしろかったです。

「斜めから観ていたけど、吹いている時に 香奈子の帯があんなに動くとは思わなかった!!腹式呼吸!」とか(⁎˃ᴗ˂⁎)

最後のほう、テンポも早くなり 全体的に激しめの演奏になります。


昨日は、あの場に居させて頂けたことを嬉しく思います。
これからも精進して参ります。
ありがとうございました。



スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2018/07/12 17:25 】 | 音楽 | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム |