マツコさんの『夜の巷を徘徊する』 鶯谷回。
前の投稿から少し続いております。
マツコ・デラックスさんの番組、
『夜の巷を徘徊する』。

息子が鶯谷で友達と待ち合わせしている時に、マツコさんと遭遇。

6/22放送の鶯谷回は、いつもと趣向が変わり、
中華屋さんで若者と語り合う という内容でした。

こちらで、今日(6/29)の22:59まで見られるそうです。
このアプリを取得したあと、検索してみて下さい。
無料です。
夜の巷を徘徊する。6/22放送分。

予告編(未公開シーン)がYouTubeにアップされています。
これは期限無しと思います。
鶯谷回、予告編。未公開シーン。




よかったら。。。


こんなこと、まずないことなので レポートしてみます^ ^
内容、前後するかもしれませんが、、、。

マツコさん含めて4人がとても良い感じで、
また友達3人組が それぞれ個性が立っていて、
あぁ こんな感じでこの子たち付き合っているんだなぁ、、と母は微笑ましく思いました(´∀`*)



いつも使っている高速道路でした。秋葉原の辺り。



この言葉に マツコさん反論。
どなたが言ったか知りませんがね。
恵比寿がナウいと言うんでしょうけど、私にとってはダサい とまで。バッサリ!
どうやらマツコさんは 台東区がお好きな様子。


鶯谷駅近く。


これが全てよ、鶯谷の。
と。
まぁ たしかに、、駅出ると、ホテル街。
どーんと広がるこの景色。

とあるお店たちの 送迎車も乗り付ける場所。



20年前と変わらない、と仰っていたけれど、もうちょっと前までは 古いアパートが残っていたり 古い下町風情をもう少し感じられたかなぁ、、、。

そんなところに、

息子、発見される!

「何してるの?」
「友達と待ち合わせです。」
「こんなところで⁉︎」
と驚かれる。

「地元?鶯谷を一言で言うと、、?」
の問いに、
「すたれてる。」と言うと マツコさんこんな笑い。


すかさず、マツコさんとのツーショット自撮りを申し出。思い切ったなぁ 息子。


それがコレ。


「どこに住んでるの?」

「浅草のほうの子だ~。
浅草よりの竜泉 を一言で言うと、、?」
「鶯谷よりは すたれてない。」
「そこは、すたれてる でいいんだよ!」
と、会って数秒なのにつっこまれる。
息子、嬉しかったらしい(⁎˃ᴗ˂⁎)




何度かマツコさん その場から立ち去ろうとして 握手してくれていたんだけど、、、


「友達、いつ来るの?」と ボディタッチ。


「あと2~3分で来ます。」
「待ってるわ。ヒマなんだわ、今日、、、」

と、すぐに友達現れる。
(テレビに出た位だから モザイクかけなくていいですかね。)



「え? え?」
とマツコさんに気づくが、息子のことはまだ目に入っていなかった2人。

3人は高校が一緒。


M君とは、中学校も一緒でした。

マ「鶯谷を一言で言うと なに?」
M「ん~~~」
マ「2015年に、山手線で一番ダサい街 ってなったんだって。」

と言われて、息子が、一番乗客が少ない駅 と。


「一番ダサいと言われて どう思う?」

「納得 ですね。。。」と息子。


なんか息子、鶯谷はこうだ ということを、悟りきっているかのような表情をするのが笑える!

「これが、この人たちの強みなのよ。ダサいに決まってるだろ、鶯谷だぞ!とね。
これが二子玉だったら ギャーギャーあいつらタイヘンよ。」とマツコさん。



足立区に住むA君と 根岸に住むM君と、レベルの低い争いをしてて、マツコさんが、
「レベルの低い争いをするのが、下町の人の特徴よね。」

M君の声の良さに マツコさん食いつく 笑



マ「これからどこ行くのよ。」
「テキトーに飲みに行こうかと、、」
マ「じゃ、変則的な回になっちゃうけど、飲みに行くか。おごってやるよ。」

「えぇーーー!」
となりまして、移動。。。



息子はお祭り好き。
あったかくなると いつも雪駄。
大学に行く時も(^。^)

あやしげな路地を入っていく3人。

「ちょっとヤバいとこ 連れて行かれそうじゃない、、?」




入ると、
「サイン あるわね。」

「ちょっと、、、ただのサインじゃないわよ。
ジャッキーチェーンよ。
で、しかもジャッキーチェーンの横、なぎら健壱さんだからね。」

「香港と下町のスターが揃い踏みよ。」
と、これには笑った!


そんなこんなの時に、二階から降りてきた大人たち。
台東区役所のバレー部の集まりらしい。
「区役所の人、顔出しちゃって大丈夫?この前 世田谷の区役所は 絶対顔うつすな って言ってたよな。
台東区はいいんだよな。
台東区に生まれた ってことで、いろいろ覚悟が出来てるのよ。」

「この子たち、地元ですか?」
「そこで会って連れてきた。この子は根岸に住んでる、 ってなんでこんな説明を私がしてるのよ!」
と わく。



紹興酒で乾杯。


みんな、何してるのか聞き出すマツコさん。


M君。
N大生。


息子。T大生。
昔から歴史が好き。

「古代史を勉強しています。」
マ「そんなつぶしの効かないことをお前は、、、。」
と またもや突っ込まれる。

「就職先 無いよな~」とM君からも(^-^;

尺八の話も少ししたらしいけれど、放送されませんでした(^-^;

「文化庁に行きたいと思うけど、京都に移転する。台東区から離れたくない。」
と、台東区愛が強い息子。
でも、「その程度の夢か。。。」とバッサリ!


A君。自衛隊でした。

いろいろ抱えている子。頑張り屋。


「こいつ すごいんですよ。普段ポンコツなのにな。」とM君。
ずばずば言う。


「この辺 いいわね、、引っ越してこようかな。」
と つぶやくマツコさんに、息子たち、是非是非✨✨と。



「聞きたいことがあったら質問して。」と。

「普段はその格好ですか?」
マ「いい質問だね。普段は女装していません。」
M「じゃ すれ違っても分からないですね。」
マ「それが もぅわかります。」
M「まぁ そうでしょうね。」
マ「そうでしょうね ってお前が分からないですね って言ったんだろ~~」

マ「あとは?」

息子「服はオーダーメイドですか?」
マ「当たり前じゃない、、」
すかさずM君「こんなん 売ってる訳ねーだろ。」


「いいねーいいねー 全部に入れてくるねー!」

みんな大爆笑!!

マツコさん、
「最後にひとついい?
私はこれからどうしたらいい?」
と。若者3人には重い投げかけ。

M君「北方謙三を読む。」
彼は 北方謙三さん大好き。いろいろ語っているそばで、クスクス笑う息子たち。
また語ってるなぁ とでも思っているかのよう( ´◡` )


お店を出る時、マツコさん 丁寧にお店にお礼を伝えていました。
「あんた達も、ここ 使いなさいよ。」と。


道を歩きながら、
「やっぱこの辺がいいんだって。こうゆう連中が育つんだよ。」
と 褒められている(多分😅)横から、

「おー、すげー すげー!」とマツコさんの服をさわりまくる3人。

話 聞いてないでしょ、3人は。聞きなさーい( *`ω´)

意外にも お腹が硬かった、と息子談(^-^;





言問通りまで出てから、お別れの時。

しっかりと握手をし、


きちんとお礼を申し上げ、


見送られながら 何度も頭を下げて、


手を振り、



名残惜しいと思うなぁ、、、



3人を見送りながら、
「かっわいいわねぇ。。。」とマツコさん。


この回、全く徘徊しなかったですね。
でも、充分に楽しくて 良い内容だったように思いました(*´∀`*)

マツコさんは、台東区がお好きみたいで、
なんか嬉しいな~。

息子たち、貴重な体験をさせて頂きました。

ご近所さんからも、見たよ~ と言われ、
まだ実感が無いんです、って。

でも、本人たちは 割に既に落ち着いています。

「ちょっと友達と~・・・」
と出かけたら こんなことに遭遇するとは。。。

他にも面白い話があって、
見たかったなー と息子。

あと、台東区の噺家さんの息子さんと うちの息子が中学の同級生で、実はそんな噂話をしていたところに偶然にも、、、

というクダリがあったりしたんだけど、
残念ながら放送はされず。いろいろがあるんでしょう。。。


記念品をいただいて来ましたよ。

ライト付きのペンです。
夜を徘徊するには 便利そう✨


長々と書きました。
我が家にとっても良い出来事となりました(^。^)



スポンサーサイト

ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2017/06/24 18:04 】 | 雑記 | コメント(2) | トラックバック(0) |
最近のこと。
大変ご無沙汰をしておりました。。。。。

いつも見に来て下さる方々、ごめんなさい。

元気でやっております(^-^)
全く体調崩さず、あれこれと♫


演奏のいろいろお仕事、

イベントで 野外ライブにバンドで出演したり、

三社祭、町会のお祭りもあったり、

夏の大イベントに出演するバンドのリハーサルがあったり、

レコーディングがあったり、

福島へ慰問演奏に行ったり、

黒紋付、普通の着物、浴衣、半纏、、、とその場その場で着るものもいろいろ。

バラエティ豊かな現場で、いろいろやっておりました)^o^(

振り返って ちょこちょこ更新していこうかな。

書き出すと、ついついじっくり書いてしまうので、なかなか仕上がらず ダメですね💦💦

よしっ ちゃんとやっていかなきゃ(´∀`*)


自分のことではないですが、驚くことがありました。

息子が マツコ・デラックスさんと、地元でばったり出くわす、という、、、。

マツコさんの番組に出てしまった という。

『夜の巷を徘徊する』という番組です。

マツコさんが、夜に街に出没し、その場その場で人と触れ合ったりしながら 街を徘徊します。

次に更新いたしますね。

こんなふうに マツコさんと。







ものすごく貴重な体験✨✨✨

では、あとで。。。


ランキングに参加中です
押してくれると嬉しいです




邦楽に興味がある方はこちら→ミカド天風総連合会

【2017/06/24 18:04 】 | 雑記 | コメント(4) | トラックバック(0) |
| ホーム |